Ovni --| Numéro 805

ノルマンディーの作家と食 〈4〉

「毎晩、十一時頃になると、カッフェにでも行くように、ふらりとそこへ出かける」(青柳瑞穂訳)。これは、モーパッサンの短編『テリエ館』(1881年)の書き出しだ。短くて何でもないようでいて、美しい一文だ。「そこ」とは、ノルマンディー地方の片田舎フェカンにある「気のおけない家」で、その家では、主人である気のよいマダムが5人の...

ボロレグループvsバスタマグ訴訟

 環境ジャーナリスト、ドミニク・マルタン=フェラーリさん(写真)は、気に入った記事を投稿できるソーシャルネットワーク「Scoop it」に紹介した記事のせいで、ヴァンサン・ボロレ率いる複合企業 「ボロレグループ」から名誉棄損罪で訴えられた。訴えられたのは、記事を書いたウェブマガジン「バスタマグBastamag」の記者3...

マダム・キミのシルバーラウンジ:4月1日号

ミシェル・アリモト氏(81)は、終戦まで父親が上海の日本大使館勤務だったので現地の幼稚園に通った。戦後、伯母さんが日本の米軍基地で働いていたので米国を身近に感じ、1950年、18歳のとき渡米した。カリフォルニアとウィスコンシン、アイオワ州の町長たちに、老人夫婦の世話をしたいと書いた手紙が地方紙に掲載され、カリフォルニア...

Maison Tête|ジェルス県の特産物、フォアグラ、カモ肉加工品の専門店。

 ジェルス県はラングドック・ルシオン・ミディピレネー地方の県のひとつ。ここではフォアグラをはじめとした同県の特産物が手に入るだけでなく、昼ならランチとして、夕方ならタパスとして、その場で味わうこともできる。 フォアグラは、常温で3年保存可能な瓶詰めは60g(9.90€)という小さめのサイズから、さらに繊細な味わい...
article placeholder

530分

 3月18日は「睡眠の日」だったが、2009年のOECDの調査によると、先進18カ国の中で一番平均睡眠時間が長いのがフランス人でなんと530分 (8時間50分)! ちょっと信じられない数字だが、週末の朝寝坊のせいらしい。日本は17位で470分。...

Quand on a 17 ans

「お利口ではいられない、17歳にもなれば」。 ランボーの詩「物語(Roman)」の冒頭の一節だ。フランソワ・オゾン監督の映画『17歳(Jeune & Jolie)』では、授業シーンで生徒たちがこの詩を読んでいた。仏映画界の重鎮アンドレ・テシネもまた同じ詩から着想を得て、新作に『Quand on a...

ケ・ブランリ美術館の子どもアトリエ。

民俗学者となって〈物体X〉の正体を探る。  芸術の歴史はとかく欧州至上主義に傾きがち。パリ7区のケ・ブランリ美術館は、そんな歪みを矯正するという大事なミッションを担う。所蔵作品数はルーヴルに匹敵する30万点。そのうちの約1%、約3500点が常設展示される。展示スペースはアジア、アフリカ、オセアニア、アメリカ大陸と...

Anselm Kiefer アンゼルム・キーファー

Die Orden der Nacht , 1996 Acrylique, emulsion et shellac sur toile 356 x 463 cm Seattle Art Museum Photo : © Atelier Anselm Kieferアンゼルム・キーファー(1945-)の大回顧展を見ると、...

Mûre|こんな食堂があったら!健康食材で手づくりの味。

 パサージュ・ジョフロワのすぐ裏手に「なんでも自家製」がコンセプトのお店がある。店内は色々なファブリックがミックスされ、ポップで温かみのある雰囲気はつい長居したくなりそう。まずはトレーを持って、中央カウンターへ。スープ1-2種、サラダ4-5種、サンドイッチ2種、〈本日のピザ〉はいずれもハーフサイズ3.9€、フルサイズ7...
article placeholder

同時多発テロに関して

「(ベルギーの)何人かの政治的リーダーの間に決意が欠けていると思われる。(…)おそらく一種の naïveté(経験不足、信頼過多)でもあるのだろう」 3月22日のブリュッセルでの同時多発テロに関してミシェル・サパン財務相の発言。直ちにベルギー外相は、こういう「一つになること」が大切な時こそ、フランスの...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る