Ovni --| Numéro 746

Florence Kahn|ファラフェルとは違うユダヤの味 パストラミビーフサンドイッチ。

サンポール駅から北へ向けて広がるマレ地区。日曜日でもお店が開いていることで、今ではショッピングエリアとして名をとどろかせているけれど、そもそもはユダヤ人街として有名。ロジエ通りにはおなじみファラフェルサンドの店が軒を並べ、どの店も連日長蛇の列で、ファラフェル片手の買い物客、観光客であふれかえっている。 その中で個...

デュマ、食の物語 -4-

 アレクサンドル・デュマの名作『三銃士』には思わず笑ってしまうようなエピソードがいくつもあるが、それは食にまつわる話であることが多い。そんな時に頻繁に登場するのが、三銃士の中でも一番食いしん坊のポルトス。その中でも傑作は、従姉のコクナール夫人に招かれた時の話だ。闘いに明け暮れて家庭の温かみとは遠い暮らしをしているポルト...

タイタニック号から引き上げられた品々。

優雅なカフェテラスの再現。 1912年4月15日、氷山と衝突し深海に沈んだタイタニック号。1500人の命を奪った豪華客船の真実に迫る展覧会が、現在開催中。すでにシカゴ、ロサンゼルス、ロンドンなどで計2500万人を集めた巡回展。夏休みいっぱいはパリに「停泊中」、ぜひ乗り遅れないように。 全長がエッフェル塔の高さとほぼ同じ...

人生、もっと軽やかに、次に行こうと思った。 

◎今村泉(ジュエリーアーティスト・エージェント、京都)  今村さんがフランスと出会ったきっかけは、東京のデザイン学校に通っていたとき。語学留学でイギリスに長期滞在中、パリも訪れた。東京では、松山から出てきて、知り合いもいなく、バックボーンもない大都会で自分を見失っていた。「海外に出て暮らしたことで、惹かれるも...

To be or not to be… ヘミングウェイも常連。

 ノートルダム大聖堂と、セーヌ川をはさんで真向かいにある英語書籍の書店〈Shakespeare & Company〉は、ヘミングウェイ、フィッツジェラルド、ジョイスなどの作家たちが無名時代に常連だったこともあり、英米文学に親しんだ者にとっての聖地として歴史に名を残している。「ロストジェネレーション」の息吹を求め...
article placeholder

サマリテーヌ復活

 2005年閉鎖後、ブランド帝国LVMHが買収したサマリテーヌの改装を日系SANAAが担当。サナー建築事務所は妹島和世と西沢立衛が経営し、2010年プリツカー賞受賞。2014年に開館したランスのルーヴルも彼らによる。サマリテーヌ8万m2の改装構想や模型、写真・映像。改装後はホテルやオフィス、商店混合建物に。2016-1...
article placeholder

ラ・ヴィレット野外上映会(7/24-8/28)

レンタルデッキチェア+毛布7€。7/24 : マイウェン『パリ警視庁未成年保護部隊』25 : ジョーンズ『かいじゅうたちのいるところ』28 : アルドリッチ『特攻大作戦』31 : リンセル『ピナ・バウシュ夢の教室』8/1 : クラピッシュ『青春シンドローム』2 : 米ドキュメンタリー『ハーヴェイ・ミルク』3...

フランス人は 道路交通法を守らない。

 今年初め、TNS Sofresがフランス人1065人を対象に、道路交通法の順守状況に関するアンケートを実施し、道交法を守らなくなったとするドライバーが今年に入り増えていることがわかった。 それによると、道交法を守っているというドライバーは昨年の44%に対し、今年は35%に低下。厳格に守っているというドライバーは昨年の...

ゆでたアルティショーは初夏のアントレ。

 「最初にこの朝鮮アザミのつぼみを食べようとした人は、よほど飢えていたか、味への好奇心があった人に違いない」と前号で書いた。そしたら、おそれをなして一度もアルティショーを調理したことがない読者が多いと思う、というスタッフの声。アルティショーは6月くらいから9月いっぱいがシーズン。そこで一番シンプルに、塩ゆでし...

高校進学、バカロレア…

 7月第1週はバタバタしているうちに過ぎた。6月末の次男の中学修了免状(Brevet)試験2日目に高校の割当通知をもらってきたと思ったら、翌月曜日には高校登録手続き、7月5日には高3の長男のバカロレアの合格発表があった。 パリ市では、「Affelnet」というシステムによって、中学4年時の1年間の成績と本人の希望をもと...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る