Ovni --| Numéro 711

article placeholder

Abcd de la cuisine-13

  ●concasser  トマトなどの野菜を、粗めに切りきざむことが「concasser」。「poivre concassé」とか「coriandre concassée」ともレシピに出てくるが、コショウやコリアンダーの粒々を切りきざむのはちょっと不可能。クッキングシートなどに使う分をきちんと包んでから...

「こんなに早いなんて… マナーよく使って欲しい」

 2011年12月5日にパリ及びその近郊を中心に、カーシェアリング「オートリブAutolib'」の正式運用が開始された。オートリブを運営する〈Syndicat mixte Autolib'〉は、まず約250台、250カ所のステーションからスタート。拠点・車両共に毎月徐々に増やしていく計画で、来年6月までに約1120拠点...

「育児・教育は 彼女にまかせっきり」

 異なる文化に生まれた。「信仰はもたないけど、ユダヤ教のお祭りが大好き」というフォルチュネさん。1967年、エジプトから多くのユダヤ人が国外退去させられた六日戦争で、フランスに渡った両親をもつ。一方、ヴァンサンさんは敬けんなカトリック教徒の家で育った。2000年4月、保険会社に勤める同僚として出会う。ほどなくして彼から...

貴族ミュンヒハウゼン男爵

大袈裟な冒険談で周囲の人を喜ばせたドイツ人貴族ミュンヒハウゼン男爵。18世紀に生きたこの実在人物をモチーフにした文学や映画作品は、20世紀も後を絶たなかった。「フランスのディズニー」と称されたアニメ作家ジャン・イマージュも「ほら吹き男爵」として親しまれた好人物に魅せられ、1978年に映画化済みだ。 男爵は...

最後まで人道的な闘いをやめなかった。

 11月22日、ダニエル・ミッテランが87歳で亡くなった。ペルシャネコを思わせる青い眼を生き生きと動かしながら、リベラシオン紙のインタビューで「常に眼を見張り、闘い続けることが、私を社会に対し敏感にさせてくれるのです」と語っている。4年前の83歳の時だ。 夫のフランソワ・ミッテランが大統領になっ た後も、彼よりも左より...

悩み多きノエルのプレゼント。

 苦手な季節がやってきた。ノエル(クリスマス)だ。食いしん坊なのでノエルのディナーをあれこれ考えるのは楽しいのだが、プレゼント選びは苦痛に近い。幸いにも夫と子供以外にフランスには家族や親戚はいないので楽なほうだとは思うが、限られた予算内で相手の喜びそうなものを探すのは苦労する。しかも、この時期の狂騒的な街での買物は疲労...

アドベントカレンダー作り。

 クリスマスが近づくと、アドベントカレンダーCalendrier de l'Aventがちまたに登場する。12月1日から24日までの日付が書かれたカレンダーで、子供は各日付の扉を開けるとお菓子や玩具をもらえる仕組みだ。キリスト誕生をカウントダウンしながら祝うもので、もともとはドイツ発祥らしいが、フランスでも市民権を得て...

Henri Le Roux|キャラメルとチョコレートで知られるブルターニュの名店

日本人店員さんが常時勤務しているので安心  キャラメルとチョコレートで知られるブルターニュの名店〈アンリ・ルルー〉がついにパリにオープンした! 白を基調にした内装の入口側がキャラメル、チョコレート色の奥側ではショコラを販売している。  キャラメル(70€/kg)は、不動の人気のCBS(塩バターキャ...
article placeholder

パリの教会クレッシュめぐり

〈ノートルダム大聖堂〉照明を活かした等身大のイエス生誕像。2/2迄(7h45-18h45/土日-20h45)。〈マドレーヌ寺院〉巨大なクレッシュで飾る。1/29迄。〈サクレクール寺院〉欧州がテーマ。1/8迄〈サン・ジョゼフ・アルティザン教会〉プロヴァンス住人を象ったサントン150体。1/1迄。214 rue la Fa...

ホロホロチョウのマロン詰め 

 フランスでは、ホロホロチョウが広く飼育されている。チキンより味わい深いし、身もよく締まっている。このマロン詰め、ノエル前後によく作る一品です。 4人分なら1キロちょっとのものを選び、「Pour rôtir」と言ってロースト用に結わえてもらう。 まずおなかに詰めるものを用意する。みじんに切った玉ネギ1個...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る