Ovni --| Numéro 687

ポトフを作るのは、ブイヨンがおいしいから。

Pot au feu この号の特集は「スープ」だけれど、牛肉を、長ネギ、ニンジン、カブなどと煮込んだポトフのブイヨンが一番だ、とフランス人は胸を張るだろう。そのブイヨンを味わいたいばかりに、ポトフを作る人だっているくるらいだ。体が芯から冷えてしまいそうな寒い日に無性に食べたくなる一品だ。 牛肉は、ゼラチン質や脂身が適度...

Le Stube|ドイツ菓子と軽食

 サンタンヌ街近く、リシュリュー通りにオープンしたドイツ菓子と軽食の販売店。甘く煮たリンゴやサクランボ、ルバーブをパイ皮で包んだシュトルーデルをはじめ、フロマージュ・ブランやクエッチのタルト、ザッハトルテ(各3.7~3.8€)など、魅惑的なケーキたちがズラリ。なかでもたっぷりと果物を使ったシュトゥルーデルはどれもおいし...

定年制改正が確定。

 サルコジ大統領念願の定年制改革案が、近年にない市民の反対運動にもかかわらずゴリ押しで上院でも可決され成立、来年1月から施行される。 どこの先進国も年金財政問題で四苦八苦しているなかで、戦後生まれのベビーブーマー世代が年金生活に入り、その赤字総額は323億ユーロにのぼる。2018年をメドに採算をはかるためヴルト労働相が...

フランソワ・ミッテランと アルジェリア戦争。

 1994年、ジャーナリストのピエール・ペランが『Une jeunesse française』を出版。フランソワ・ミッテラン元大統領(1916-1996)が、南仏ヴィシーにあった親独(ナチス)政権のペタン元帥に政治的に近づいて、高級官僚の職に就いていたことを暴露し、ミッテランの名声に汚点をつけた。そして...

ポトフが残ったら

 ポトフで残った肉もブイヨンも、いろいろと転用できるので、多めに作ることを心がけたい。さあさあ、料理人の腕の見せどころ! ●サンドイッチやサラダに 冷めた肉を薄く切って、サンドイッチに挟んだり、コルニション、ゆで卵、ミックスサラダなどと一緒に盛り付け、タルタルステーキ用のソースやマヨネーズを添える。●hachis Pa...

「セパマフォット」と言わないで。

 たまにミラは「セパマフォット」とか「セパグラーヴ」といった表現を使う。これが私は相当気に入らない。「セパマフォット」は「C'est pas ma faute=私のせいじゃない」、「セパグラーヴ」は「C'est pas grave=大したことない」という意味。両者とも責任逃れのニュアンスがぷんぷん漂う。きっとわが同胞、...

Potage aux lègumes 野菜のポタージュ

バターひと切れをちょこんとのせ、きざんだパセリを散らす。  「あったかいスープが飲みたいな」と思い立ち残り野菜で作る、典型的なスープです。このレシピ、ニンジン、クルジェット、カブ、長ネギ、セロリと、いつでも台所にありそうな野菜が材料。各野菜の分量も好みで。 野菜はよく洗い、ニンジン、クルジェット(皮付きのまま)、カブ、...

10カ月、ドゥドゥは決まった?

 可愛い歯が上下に生えてくるこのころは、離乳食のバラエティーをぐんと増やしたい。さまざまな食材を調理方法や煮加減で変化をつけたり、味覚だけでなく語感をフルに刺激して食の楽しみを伝えたい。好き嫌いの激しい子や小食な子だと不安になるし、食べてくれないと正直ストレスもたまるが、無理強いだけは避けたい。手がかかると思われる離乳...

Velouté de moules ムール貝のスープ

生クリームを軽くホイップし、カレー粉少々を混ぜ入れたものが、飾りになっている。  クラムのかわりにムール貝を使ったチャウダー。ムール貝のひげをとり、洗って水気を切る。底広鍋に白ワインと水をそれぞれ200cc入れ、沸騰したらムール貝を加える。フタをして強火。1分経ったら全体をかき混ぜ、フタをしてもう1分。火から下ろして2...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る