ヨーロッパ諸国料理

Estelle’s Café|素朴な温かみを感じる北欧の家庭料理。

フィンランドといえば、ムーミンはもちろん、マリメッコやヨハンナ・グリクセンのような北欧デザインや、映画監督アキ・カウリスマキなど、我々にはなじみ深い。最近では、在日フィンランド大使館の発信するツイッターがとても面白いと評判になるなど、遠いようで近い国。 しかし一方、料理はどうも評 [...]

Le BAT|新鮮素材に繊細な調理 タパス感覚で楽しめる。

星付きレストランで修行を積んだシェフのタパスバー、そう聞いて試さずにはいられない。大通りに目立った看板もなく見落としそうになりながらたどり着くと、シックで広々とした店内には沢山のテーブル席、中央には大きなカウンターに囲まれてシェフが腕を振るっている。 タパスは6€皿と9€皿があり [...]

Mets Gusto|たまの贅沢に軽いテイストの地中海料理が食べたい。

突然タコが食べたくなった。この夏、バスクに旅行した時に、小さな漁港で穫れたてのタコを料理してもらって食べた、あのおいしさが忘れられない。と、いうことで、フランス料理では珍しく、おいしくタコを料理してくれる店へ。お目当てのタコは、小ぶりの岩ダコ(15€)で、たっぷりのホウレンソウと [...]

Saudade|干ダラ料理がこんなに繊細!と新鮮な驚き。

リスボンの下町というよりは、古都コインブラの旧市街にありそうな感じの店がSaudade。10年ぶりかな、食べに行ってみた。ご主人も変わっていないし、落ち着いたサービスも、ゆったりとしたテーブルの配置も、昔のまんま。そして料理は? とメニューをのぞく。 アペリティフにvinho v [...]

Chez Eusebio|誰でも常連客のように温かく迎えてくれる。

15区のユネスコ別館近くに、オープンしたばかりのスペイン料理店。はやりのタパスバーとは一線を画す家庭的な店だ。15区、18区の店に引き続き、ご主人のエウセビオさんが温かく迎えてくれ、まるでスペインの片田舎にいるような気になる。 まず試したいのはパエリア(17.5€)。「色を大切に [...]

Le stube|ドイツビールとソーセージで乾杯!

OVNI740号、diasporaで紹介されたドイツ語書店の店主、ペトラさんおすすめの、ドイツビールとおつまみが味わえる店がLe Stube。テイクアウト色の強い雰囲気だけれど、ドイツビールを試したい、いつものアペロをドイツ風に、という方におすすめです。  私はアペロに最適なセッ [...]

Pizza e fichi|イタリア人がこぞって集う本格ローマの切り売りピザ。

その昔、ローマでは焼いたピザ生地にイチジクを挟み込んだものを、子供におやつとして食べさせていた。風習は廃れた今でも、Pizza e fichi(イチジクピザ)は簡素なものを表す言い回しとして残り、手が凝っているものに「それはPizza e fichiじゃないね」という具合に使われ [...]

La Pergola d’Italia|近所で働く会社員の味方、昼はいつ行っても満員です。

この店の前を通ると、お昼はいつも超満員。レストランがどんどん高くなっている中、お昼の予算が限られている会社員にとって、この店は宝もの。アントレ+メイン、それに1/4のピシェがついて10.9€は今どきまれ。ワインをとらなければ9.5€ですんでしまう。 僕らは早めに行って、日がきれい [...]

Cicchetti|おいしいものを少しずつ、何種類も味わえるイタリアンタパス。

〈チケッティ〉という聞き慣れない言葉を耳にして以来、気になっていた店へ。チケッティとは、ワインのお供になる小皿料理のこと。ベニスにはチケッティがつまめるワインバーがたんとあるそうだ。 通常の1皿のボリュームでも頼めるが、やはりここはチケッティを2、3皿試したい。ナスのミルフイユや [...]
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る