シャンソン

★★★ Yvon Chateignier

 ジジ・ジャンメールやグロリア・ラッソ、ジャンヌ・マスなど懐メロ専門のCDやコンサートをプロデユースするイヴォン・シャテニエは、エチエンヌ・ダオに似た甘いルックスで2年前から歌手としても活躍 。先月リリースされた2枚目の […]

★★★ Histoire de Melody Nelson

 セルジュ・ゲンズブールが、1970年にロンドンで数カ月をかけて作り上げたアルバム『メロディー・ネルソンの歴史』は、ロックバンドとオーケストラ、コーラスが絡みあう実験的な音作りのみごとな交響詩だった。その前衛的サウンドの […]

音楽情報etc

●シヴクマール・シャルマ 伴奏用の楽器だったサントゥールに、音域を3オクターブ増やしたり、新しい奏法を取り入れたりして、表現の可能性を飛躍的に拡大させたシヴクマール・シャルマ。驚異的なテクニックからほとばしる音の奔流が圧 […]

★★★★Sapho

 元フレンチ・ロック歌手のサッフォーが、アラブ・アンダルシア風にアレンジして歌った唯一無二のレオ・フェレ集がいま評判。  3部構成のプログラム。〈詩人たち〉ではアラゴン、ヴェルレーヌ、ランボー、ボードレールの詩を歌い、〈 […]

★★★Vincent Delerm

 ボソボソした声で歌うピアノの弾き語り。ヌーヴェル・シャンソン・フランセーズの旗手、ヴァンサン・ドレルムのオランピア劇場公演に期待したい。昨年リリースした2枚目のアルバム「ケンジントン広場」は2年前の音楽大賞で新人アルバ […]

★★★Sophie Terol

 将来有望な新人歌手に与える “Prix Chapeau Bas 2003” に輝いた自作自演歌手ソフィー・テロールのファンタジストぶりには誰もが脱帽!  ピアノを弾きながらコショウのきいた歌い廻 […]

(南)が推薦する3月のシャンソン。

★★★ Dimitri  長崎のハウス・テンボス専属ミュージシャンだったベルギー出身のディミトリは、数々の名誉ある賞に輝く期待の新人歌手。今回の公演 ”Le blanc, le noir et syst塾e& […]

(南)が推薦する2月のシャンソン。

★★★★Juliette Greco  シャンソン界の大御所、ジュリエット・グレコは今年で76歳。サンジェルマン・デ・プレの女神は今なお健在です。昨年末には、B・ビオレーやC・ミオセックといった新進歌手たちの作品ほかゲン […]

(南)が推薦する12月のシャンソン。

★★★ Wally  ぽっちゃりした体から発散される想像を絶するエネルギーと饒舌。ジュリエットと姉弟みたいなイメージがある髭男、ワリーのワンマン・ショーが楽しい。  無造作に積み上げられたダンボールや自ら考案した奇妙なオ […]

(南)が推薦する11月のシャンソン。

★★ Valerie Lagrange  『青い雌馬』で映画界にデビューした女優のヴァレリー・ラグランジュは、60、70年代には『男と女』や『恋人たち 』など多くの映画に出演する一方、歌の世界でも活躍。彼女が歌ったゲンズ […]

(南)が推薦する10月のシャンソン。

★★★Les Tetes Raides  6月のブッフ・デュ・ノール公演は連日満席だったテット・レッドが、評判の8枚目の新作 “Qu’est-ce qu’on se fait chie […]

(南)が推薦する7月のシャンソン。

●19e Francofolies(7/11日~16日)  ラ・ロシェルのシャンソン・フェスティバル〈フランコフォリ〉は、ますますシャンソン・フランセーズ一色の感じ。将来有望な若手歌手がたくさん参加しているのも今年の特徴 […]