アニック・シザリュク

★★★★Annick Cisaruk

 アニック・シザリュクは、細身で、オンディ−ヌのような美しい髪、ちょっと東洋的な顔立ちの美人歌手。パリのシャンソン愛好家たちに人気のプチ・ギャバレー〈エサイオン〉の看板歌手としてバルバラの歌を2年間歌い続けてきた。ボリス・ヴィアンやルイ・アラゴン、ジャック・プレヴェール、ピエール・マッコルランといった文学的シャンソンを歌う正統派歌手としても知られ、先輩歌手のコラ・ヴォケ−ルたちから賛辞を受けてきただけに、彼女のステージでの実力は目を見張るものがある。今回の公演では、アコーデオン界の「音の細工師」ダヴィッド・ヴェニツッチの見事な演奏をバックに、『異国の女』や『君はもう戻って来ない』、『ブルース』など、レオ・フェレの珠玉の作品を聴かせてくれる。(南)
12月7日迄の月曜/21h30。17€/20€。
Essaïon : 6 rue Pierre-au-Lard 4e 
01.4278.4642