左派予備選の方式決定

mug-what-would-jaures-do10/2
社会党全国会議は来春の大統領選挙の社会党系左派統一候補を決める予備選挙の方式を満場一致で決定した。予備選には社会党とエコロジスト系3党が参加し、来年1月22、29日に行われる。立候補に必要な推薦者名簿の規定は2011年の規定と同じで、国会議員、市長や地域圏や県の議員などの5%の推薦者が必要。候補者受付は12月1 ~ 15日。現時点で立候補を表明しているのはリーヌマン元住宅担当相、アモン元教育相、モントブール元経済相ら6人。オランド大統領も立候補するとみられる。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る