EU首脳会談、先行き見えず

6/28
欧州連合(EU)加盟国の首脳、EU委員長、EU理事会議長は28、29日の両日、EUの今後について協議した。23日の国民投票でEU離脱が決まった英国のキャメロン首相も28日は非公式に出席し、9月9日に決まる後任の首相が離脱手続きを開始することで加盟国が合意。EUの不安定感を回避するため、できるだけ迅速な手続きを行う予定。EUの今後については、治安、経済成長、雇用を優先課題としながらも具体策は先送りに。難民問題での東欧諸国のEUへの不信感に加え、中核の独仏の歩調はそろわず、先行きは不透明だ。