プラティニ氏、活動禁止4年

5/7
スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、ミシェル・プラティニ欧州サッカー連盟(UEFA)会長に4年間のサッカー関連活動の禁止を言い渡した。プラティニ氏は次回のUEFA総会で会長職辞任を表明するとみられる。同氏はブラッター前FIFA会長から2011年、契約書のない顧問報酬200万スイスフラン(180万ユーロ)を受け取ったことが職権乱用と判断され、ブラッター前会長とともに、FIFA倫理委員会から8年間のサッカー関連活動禁止と罰金を12月に申し渡された。その後2月に、FIFA上訴委員会は6年間に短縮したが、今回のCASの決定はさらに2年間短縮し、同件に終止符を打った。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る