仏大統領、ポリネシア訪問:核実験の影響を認める

hollandepolynesie

2/22
オランド大統領は訪問中の仏領ポリネシアのタヒチ島パペーテで演説し、1966~96年にムルロワ、ファンガタウファ両環礁で行われた核実験がこの地の「環境と人々の健康に影響を及ぼした」と認めた。さらに、核実験被害者の補償制度を見直すと約束した。仏政府は長年、核実験の人体・環境への影響を否定してきたが、2010年のモラン法でそれを認め、がん患者など被害者への補償制度を設置した。しかし、審査の基準が厳しく、わずか20件程度の補償しか認められていない。被害者団体は大統領の発言を評価しながらも、具体策に欠けると批判した。