3つのモスク:過激派の疑いで閉鎖

12/02
カズヌーヴ内相は非常事態宣言発令以降、国内の3つのモスクを閉鎖したと明らかにした。パリ郊外のラニー・シュル・マルヌ、ジュヌヴィリエのモスクとローヌ県の祈祷所。ラニー・シュル・マルヌについては、信者宅で9ミリ銃1丁、ジハードを扇動する文書などが家宅捜索で押収されたと警察は発表したが、同モスク指導者はこれを否定。また、ジュヌヴィリエの指導者は信者の車から発見された銃との関係を否定しており、閉鎖決定への異議を行政裁判所に訴える。さらに自宅軟禁となったモスク指導者もおり、当局とモスクの間に緊張が高まっている。