フランスとロシア;空母払い戻しで合意

8/5
仏大統領府はロシアが発注したヘリコプター空母「ミストラル」2隻をフランスが引き取り、代金全額をロシアに払い戻すことで両政府が合意したと発表した。ロシアのウクライナ干渉を理由に欧米諸国が反対したため、仏政府は2014年9月から同空母の納品を延期し続けてきた。払戻し額は12億ユーロに上る見込み。サンナゼールのSTX社で建造された同空母はほかに売却先を探す。カナール・アンシェネ紙は同空母を使うためにロシアのヘリに加えた変更やロシア兵士への訓練費用などを加えると20億ユーロに上ると報じたが、仏政府はこれを否定し、9月半ばに正確な数字を国会で明らかにするとした。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る