国会議員、初の同性婚

7/11
パリ郊外アルフォールヴィル市長のリュック・カルヴナス上院議員(社会党)が国会議員としては初めての同性婚をした。相手は女性権利担当相の官房長を務めるステファン・エクスポジト氏。同市市役所で執り行われた結婚式にはヴァルス首相、バルトローヌ国民議会議長のほか、社会党の反政府派や緑の党のデュフロ元住宅相、ユー元共産党書記長らも参列し、左派政権が導入した同性婚を祝う象徴的な側面が目立った。この結婚に対し、「酸を顔にかけてやる」とツイッターに書いた男性が10日に執行猶予付禁固4ヵ月の刑を言い渡された。