エアバス軍用機 インドが56機発注

5/13
インド国防相がエアバスとインド兵器製造タタ・アドヴァンスド・システム両社にエアバス戦術輸送機C295 を56機発注することを決めたと仏紙が報じた。発注額は推定16億ユーロ。56機のうち16機は完成品としてエアバス社が納品するが、残り40機はタタ・アドヴァンスド社がエアバス社の技術移転によってインド中南部ハイデラバードで組み立てる。インドは仏ラファール戦闘機の36機購入を4月に決めたばかり。世界最大の武器輸入国であるインドは2020年までに兵器の70%を国内生産する目標を掲げている。