睡眠薬や精神安定剤の売り上げ

18.2%

 イスラーム過激派によるテロで、1月7日から9日にかけて、パリ11区の週刊風刺誌シャルリー・エブド事務所や12区のユダヤ食品店で、17人が殺害されてから5日間の間で、フィガロ紙の調査によると、睡眠薬や精神安定剤の売り上げが18.2%増えた。