バルトルド・クイケン

 バロック音楽界でのベルギーミュージシャン、とりわけヴァイオリンのシギスヴァルト、ガンバのヴィーラント、フルートのバルトルドのクイケン三兄弟の活躍ぶりはめざましい。バッハの『音楽の捧げもの』といえば、グスタフ・レオンハルトが指揮したものが名盤だが、そこでのバルトルド・クイケンの演奏は、バロックフルートの極地といってもいい。2002年に出たバッハのフルートソナタ集は、これまでの名盤といわれていたフランス・ブリュッヘンのアルバムを超えるとまで評価された。今回はパリのアベス劇場で、そのフルートソナタ集を演奏する。CDでも共演していたエーヴァルト・デメイエルがチェンバロ。BMW1030の冒頭のアンダンテが楽しみ。(真)
5日15h/17h30。19€/14€。
Théâtre des Abbesses : 
31 rue des Abbesses 18e
01.4274.2277  M° Abbesses