パリ=ルーベでカンチェラーラが優勝

 第111回目の自転車ロードレース「パリ=ルーベ」(254.5km)が4月7日に開催され、スイス人ファビアン・カンチェラーラ選手(32)が2006年、2010年に続き同大会3度目の優勝を果たした。タイムは5時間46分13秒で平均時速は44.19km。最後はベルギーのセプ・ヴァンマルク選手との一騎打ちに。3位はオランダのニキ・テルプストラ選手。同レースは不規則な石畳のコースがかなりあるため、最も過酷な自転車ロードレースとして知られている。