AF447事故は機器不具合と人為ミスが原因

 2009年6月にブラジルのリオデジャネイロからパリに向かう途中に大西洋に墜落し、228人の死者を出したエールフランスAF447の事故原因は、機器の機能不全と人為ミスの両方であるという最終報告書を、民間航空安全調査分析局(BEA)が7月5日に公表した。その中で、BEAはタレス社製の速度計(ピト)の誤作動、ならびにパイロットがその誤作動に冷静に対応できなかった人為的ミスが事故原因と結論づけた。さらに、BEAはパイロットの技術研修などを含む41の勧告をエアバス社とAF社に出した。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る