エソンヌ連続殺人事件、容疑者を逮捕

 エソンヌ県で昨年11月から4月にかけて4件の殺人事件が発生した件で、4月14日、ヨニ・パルミエ容疑者(33)が逮捕された。4件の殺人に使用された拳銃とバイクが自宅などから押収されたことから、2月の52歳男性、3月の81歳の男性、4月の48歳の女性の3件について16日に殺人容疑で取り調べを受けた。容疑者は犯行を否定している。しかし、11月の35歳の女性殺害については、被害者の元愛人ミシェル・クルトワ容疑者(46)が12月に逮捕され、現在も勾留中。同容疑者はいったん犯行を自供したものの、その後自白を撤回。2人の容疑者の関係やパルミエ容疑者の犯行の動機も不明であるため、事件は謎を多く含んでいる。