野菜・果物農家が援助求めて抗議運動

 経営難に陥っている野菜や果物の生産農家が政府の支援策を求めて7月後半から活発な抗議運動を行っている。社会保障費や不払い運動を行ったり、外国産の野菜・果物の輸送トラックを止めて商品を検査したりしている。5月の大腸菌事件で野菜の消費者価格が20〜40%下落した上に、スペインやイタリアの野菜・果物生産者が価格を大幅に下げていることで、仏生産者は生産コストを下回る価格での取引きを余儀なくされている。これを受け、ルメール農業相は23日、数百万ユーロ規模の援助を野菜・果物農家に行うと発表。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る