絵画作品に見るフランス庭園史

 イギリス庭園が生まれた1720年代、フランスの啓蒙の世紀から仏革命まで、思想家ジャン=ジャック・ルソーらにみられるロマン主義的瞑想のメランコリーを誘う庭園(エルムノンヴィル他)が造られた。ナポレオン帝政期に皇后ジョゼフィーヌがアフリカやオーストラリアから熱帯植物やバラを輸入。19世紀の7月王政期には庭園・植物が絵画や装飾美術に影響を与える。絵画や版画・水彩画・デッサンなどで見る仏庭園史。
7月17日迄(月休)。

Musée de la Vie Romantique

Adresse : 16 rue Chaptal, 75009 paris

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る