ユーロ圏のインフレ率、2.2%に

 ユーロ圏の12月のインフレ率が2.2%と、2008年10月以来の高率になった。経済にとっては景気回復を示すプラスの兆候であるが、一次産品や
燃料の需要増によって物価を押し上げるため、消費者にとってはあまり有難くない。オーストラリアの水害などの影響で銅、石炭、コークスなどの価格が上昇し
続けているのは一般人には馴染みが薄いとしても、ガソリンの値段はこの1年で11%も上昇し、小麦、砂糖、食用油などは2008年6月以来の高値だ。とく
に小麦は昨年1年間で46%も値上がりした。ロシアやアルゼンチンの干ばつ、オーストラリアの水害などの異常気象、新興国の消費拡大に加え、証券市場の低
迷や低金利のために一次産品の先物取引への投資が急増し、砂糖、米、小麦などの価格を押し上げているのが原因だ。
 国連食糧農業機関が1月5日に
発表した昨年12月の食料価格指数は1990年以来の最高値になった。景気もまだ十分に回復しておらず、賃金も上がっていないのに、物価だけは先行して上
昇する。砂糖、油、小麦など庶民の生活に直結する製品の値上げは、新年早々うれしくないニュースである。(し)