毬和恵がバルバラの作品を見事なフランス語で

★★★★Mari Kazué interprète Barbara
 フランスで舞台女優兼ダンサーとして活躍する毬(まり)和恵が、小劇場で、生涯、愛と孤独を歌い続けた不世出のシャンソン歌手、バルバラの作品を見事なフランス語で歌っている。今回の公演は、歌だけでなく台詞を多く取り入れた芝居気に満ちた内容で、バルバラの存在と精神を心から敬愛している姿が肌で感じられる。バルバラの体験がおりこまれた『あなたが帰る日』や『私は恋を殺した』ほか、『あの人の噂』などG・ムスタキの曲も3曲歌っていて、初期の作品を中心に玄人好みの選曲が興味深い。彼女は、今日、仏国内のバルバラを歌う新世代を代表する三人の女性歌手、アニック・シザリュク、イザベル・ヴァジュラ、エニコ・シラギィと肩を並べる実力にまで成長した。(南)

1日、2日/18h30。3日/15h。11月7日/15h。12月17日、18日/18h30。19日/15h。
Théâtre de L’Ile  Saint-Louis, Paul Rey:
39 quai d’Anjou 4e  01.4633.4865(予約要)


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る