アンリ4世を再発見しよう。

アンリ4世の都市計画と同時代の建築物。

ルーヴル周辺では、1607年にポンヌフ(地図6)を完成させた。1578年にアンリ3世によって建築が始まり、1588年から1598年まで宗教戦争のため中断された後、アンリ4世に引き継がれた。橋の上には家が建ち並ぶのが当たり前だった当時、パリで初めての家のない橋だった。アンリ4世は、ポンヌフの完成後、その後ろに三角形の広場を作った。パリで一番古い広場、ドーフィヌ広場Place Dauphine(地図7)である。ドーファン(王太子)はルイ13世のこと。暗殺の4年後、アンリ4世の銅像がマリー・ド・メディシスによって建てられ、その後、王政復古のときに新しい彫像に換わった。その下、シテ島の先端に、ヴェール・ギャラン公園Square du Vert-Galant(地図8)がある。アンリ4世は、ポンヌフを造るとき、シテ島の西側に散らばっていた小島を一つにまとめて今のシテ島の先端の形に整備した。ヴェール・ギャランとは、いい年になっても色好みの男性、つまりアンリ4世を示している。
ドーフィヌ広場に先立って1605年に建設が始まり、アンリ4世の死後完成した広場が、ヴォージュ広場Place des Vosges(地図9)だ。フランス革命前はロワイヤル広場Place Royaleと呼ばれていた。この場所の北には、アンリ2世が槍試合で刺されて亡くなった王家の居城があった。忌まわしい思い出から逃れるため、寡婦となったカトリーヌ・ド・メディシスはルーヴルに移り、息子のシャルル9世にこの館の取り壊しを命じた。アンリ4世はここに製糸工場を作るつもりだったが、後で住居に変更した。Rue Biragueに通じる南側の王の館Pavillon du roiには、アンリ4世の肖像の浮き彫りがある。しかし、本人はここに住んだことはない。ルイ13世とアンヌ・ドートリッシュの婚約祝いに、1612年に落成した。広場の真ん中には、ルイ13世の彫像がある。
マレ地区には、ほかにもアンリ4世が整備したところがある。パリで一番大きなドブが流れ、不衛生だったテュレンヌ通りRue de Turenneのドブは、外から見えないようになった。テュレンヌ通りから半月形に延びるドゥベレーム通りRue Debelleyme(地図10)は、アンリ4世がヴォージュ広場の次に建設しようとしたが、暗殺のために着手にいたらなかったフランス広場Place de Franceの名残りをとどめている。この半月形の広場には同じ造りの建物7棟が並び、当時のフランスの全8地方の名を冠した通りが放射状に出るはずだった。今もブルターニュ通りRue de Bretagneなどにその計画の跡が残っている。
アンリ4世の時代の典型的な建築様式は、コニャック・ジェイ美術館Musée Cognacq-Jay(地図11)のドノン館Hôtel de Dononで見られる。気品のあるシンプルな建物だ。その隣のカルナヴァレ美術館Musée Carnavalet(地図12)は、アンリ4世が生まれたころの1550年にできたルネサンス様式の建物だ。中庭には、19世紀の作であるアンリ4世の騎馬像がある。
サンルイ病院Hôpital Saint Louisは、ペストが大流行した16世紀末、あふれる患者を収容する施設がパリの中心にないことから造られた。1607年に、アンリ4世が自ら礼拝堂の定礎を行った。完成は、アンリの死後の1612年。

Infos

パリ郊外でアンリ4世をテーマにした展覧会

●Henri IV, de l’abjuration à la profanation
『アンリ4世─新教放棄から墓荒らしまで』と題し、1593年のサンドニでの新教放棄、1610年の埋葬、フランス革命下での1793年の墓荒らしをテーマに展示。
Basilique Cathédrale de Saint Denis :
地下鉄13号線Basilique de Saint-Denis駅から徒歩3分。10月31日迄。月-土10h-18h15、
日12h-18h15。結婚式があると展覧会が閉鎖されるので注意。
●Henri IV à Fontainebleau
アンリ4世の時代に整備されたフォンテーヌブロー城の部分に焦点を当て、当時の美術品100点を展示。皇太子で後のルイ13世が生まれた城で、アンリ4世が整備した運河もある。
Château de Fontainebleau :
Gare de LyonからMontargis方面行きの列車でFontainebleau-Avon駅まで45分。駅から城まで送迎バスあり。11月7日 -2011年2月28日迄。
9h30-17h。火休。

アンリ4世のガイドツアー
ガイドのベアトリス・イグナール=ルブランさんが、ルーヴル周辺で、定期的にアンリ4世関連の場所を解説している。
http://www.paristoria.com 01.4493.0173


ポンヌフに建つアンリ4世の像。


ポンヌフ。


ドーフィヌ広場。


コニャック・ジェイ美術館のドノン館。


ドゥベレーム通り。


ヴォージュ広場の王の館。

1 2 3 4

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る