安上がりでもすてきなテーブルコーディネート:子供編

子供の社交場・誕生会を安く楽しく!!

 3歳を過ぎれば、ぼちぼちお誕生会の誘いが舞い込んでくる。親主催のパーティは、だいたい4 ~12歳まで。それ以前は小さすぎるし、思春期になれば親の監視つきなんてウザイということらしい。内容は年齢によって違うが、おやつタイムが基本のよう。午後2 時か3時ごろ、子供たちを預かったら、お迎え時間まで、親にはお引取り願おう。クイズ、紙芝居、切り絵、仮面作りなどを楽しんだ後、お誕生ケーキを食べてプレゼント開封、記念撮影でお開きというのが一般的な流れだ。一年に一度のイベントだから、思い出深いものにしてあげたい。例えば、童話の森の世界を再現したいな。
 今回は、パリ近郊の森や近所の公園で、松ぼっくり、どんぐり、ヘーゼルナッツ、栗、白樺、コケ、木の葉や枝を拾ってきた。「コレ、なーに?」グロゼイユの首飾りをした熊のケーキを真ん中に、森のコーナーを作る。かたつむり、てんとう虫、きのこ…。さて、どれが本物でしょう? 夕方、親御さん
が到着したら、余ったオレンジジ
ュースにウォッカを入れてスクリ
ュードライバー、コーラにウイス
キーを入れてコークハイなど、カクテルをすすめてはどうだろう。
帰り際、子供たちには、本日創っ
た作品をもたせてあげよう。(咲)

この日のメニュー:
メレンゲキノコ、パイ生地エスカルゴ、タガダのてんとう虫、串刺しマドレーヌ2種(チョコとラズベリー)、チョコマフィン・レッドベリーのせ、熊のレモンケーキ、ピンクのメレンゲのせヨーグルト