オブジェは語る

 ジャン=バティスト・ソーは、デザインの宝庫ミラノで経済学を学び、12年間ニューヨーク、香港、ロンドンで、金融関係の仕事に携わった。オブジェが好きな彼が外国で出会ったオブジェは、その国の背景を語り、­「手仕事」のオブジェが現代生活に潤いをもたらすことを確信する。「デザイナーのアイディアをアルティザンが理解することは難しい。何故なら、デザインとサヴォワール・フェール(伝統技術)は同じ言語を用いないからです」と言うジャン=バティストは、金融の仕事に見切りをつけ、自らセラミックを学び、ミラノ時代から頭の片隅にいつもあった夢に自己資金を投資し、6人のデザイナーとアルティザンのコーポレーションのデザイン・エディション「TH MANUFACTURE」を6カ月前に設立。ジャン=バティストは、外国暮らしの経験からグローバリゼーションと­ウェブ時代に自分の位置を知ることが大切であり、それぞれのデザイナーの住んでいる国の独自のファクトリー生産で、オブジェを通しての作り手と購買者のコミニュケーションを目指している。オランダ人デザイナー、Maarten Baptistの手鏡「YVE MIRROR」は、フランドルの吹きガラス職人のプロトタイプを、オランダの北部アイントホーフェンのアトリエで、家電フィリップスが40年代に生産していたランプ手法を取り入れて作った。「TH MANUFACTURE」の期間限定ブティックで物語を語るデザイナー・オブジェと、不況な経済の逆流に挑むオプティミストなジャン=バティスト・ソーとの出会いを。(苗)


TH Manufacture

Adresse : 47 Rue de Lancry, 75010 paris
水〜土 11h-19h30 日 11h-17h

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る