子供を見る目がいい。 “Alexandre Charpentier (1856-1909)”


Linette Aman-Jean, 1908
Paris, musée d’Orsay; © Photo RMN, Hervé Lewandowski

オルセー美術館:
4月13日迄。9h30-18h、木21h45迄。月休。


G A L E R I E: Lahumière
 ピカソ美術館から数歩の場所にある。1963年にアンヌとジャン=クロード・ラユミエール夫妻が創立した、抽象幾何学美術専門の画廊だ。日本でも人気のオーギュスト・エルバンを、一般に知られていなかったころから取り上げている。
 夫妻の好みはほぼ一致している。後を継いだ娘のディアーヌさんも同じだ。取り上げる作家の決定は、一つの作品を見た時に言いがたい魅力を感じるところから始まる。
 「うちの画廊に来て、わからないと途方にくれる人がいますが、わかろうとする必要はない。ただ見るだけでいいんです」とディアーヌさん。頭で理解したい人にはとりつきがたいが、好きな人には説明不要の世界だ。投資目的ではなく、好きで集めるコレクターがほとんどだそうだ。
 3月12日までは、アルミの表面にツルツル、ざらざらと感触の異なる縞を描くニコラス・ボドゥの個展を開催。ケルンの見本市のこの画廊のブースで、ジャン・ルグロの絵を初めて見て、ショックを受けたというドイツ人作家だ。リズム感があり、ラテンアメリカの人かと思えるほど、画面からサルサやボサノバの音楽が立ちのぼってくる。(羽)

17 rue du Parc Royal 3e
www.lahumiere.com

●Les Batak
 インドネシア、スマトラ島北部に住むバタク民族の文化を115点のオブジェで紹介する。伝説の動物シンガを象った魔よけ、楽器、織物、葬礼道具などの造形の力強さ。
5/11迄(月休)。

Musée du quai Branly : 37 quai Branly 7e

●Les Inquiets
 紛争の絶えない中東諸国のアーティスト5人の作品。息が詰まるような環境下に生きる不安をそれぞれの方法で伝える。5/19迄(火休)。
ポンピドゥ・センター

●A.R. PENCK (1939-)
 1945年、6歳で英米軍によるドレスデン大空襲を経験。戦後東側となったドレスデンから1980年西側に移住。記号のように単純化した視覚言語で、個人対社会の関係を問い続ける作品120点。5/11迄(月休)。
Musée d’Art moderne de la Ville de Paris :
11 av. Président-Wilson 16e

●Pierre PAULIN(1927-)
 有機的な形、明るく柔らかな色で家具デザインの概念を変えたピエール・ポーランの1950年代から今日までの代表作。ポンピドゥ、ミッテラン時代に手掛けた大統領官邸の内装一部も再現されている。7/27迄(月休)。
Galerie de Gobelins : 42 av. des Gobelins 13e

●Maurice de VLAMINCK (1876-1958)

 1905年マチスやドランとフォービスム運動に参加し、荒々しい筆触と強烈な原色で情熱的な風景画、肖像画を数多く残したヴラマンクの1900年から1915年までの作品。 7/20迄。
Musée du Luxembourg : 19 rue de Vaugirard 6e