日本の名曲を楽しもう

 Porte Maillotにあるパレ・デ・コングレで開催されている〈日本フェア〉で、日本の調べ、民謡、童謡などが、いろいろな楽器で紹介される。
 12月19日と22日は、「子供の笑顔がたくさん見られるスペクタクルにしたい」と言うボーカリストの小池さちこ(写真)のコンサート。日本の童謡をアレンジした内容で、家族でいっしょに踊ったり歌ったり楽しめるようになっている。ピアニストの村山浩が共演する。23日はアコーデオニストの清水たかとベース奏者による、民謡や日本の調べをジャズ風にアレンジしたコンサート。新しい試みが発見できる機会になりそう。入場無料。(尚)
詳細はwww.lesboutiquesdupalais.com

●赤いハンマーとエヴァン・パーカー
 エヴァン・パーカーのサックスの音を聴いてほしい。バロック音楽を思わせる静かなポリフォニーが流れたと思うと、月にまで届きそうな叫びがほとばしる。ヨーロッパが世界に誇るジャズプレイヤーだ。今回は、ギターのジャン=フランソワ・ポヴォロス、シンセのジャン=マルク・フサ、ドラムの佐藤真からなる「赤いハンマー」と共演。
1月9日、10日21h。22e/20e。
Sunset : 60 rue des Lombards 1er
01.4026.4660 M。Châtelet
●地中海沿岸の国々のクリスマス音楽
 リュートの名手ジョエル・コーエンが率いる合唱団ボストン・カメラータは、中世からルネサンスにかけての音楽を歌わせたら当代一。今回は、スペイン、イタリア、南仏、中近東のクリスマス音楽を歌う。
12月21日/20h30。17e。
Théâtre de la Ville :2 place du Châtelet 4e
01.4274.2277 M。Châtelet