Les Meduses

 結婚披露パーティーで働くウェイトレスと海から突然現れた浮き輪をつけた幼女、めでたく夫婦になったばかりの若い男女、フィリピンから出稼ぎに来た一児の母親…赤の他人であるこれらの人物たちが知らず知らずのうちにすれ違い、彼らそれぞれの日常が縦糸となり横糸となり、ひとつの物語に織り込まれていく。浮き輪の少女のように、人物たちはどこか現実と非現実の間をさまよっている。喜びと哀しみ、そして忘れていた過去の思い出…作品中を貫く「詩」に魅了される。
監督エトガー・ケレとシラ・ゲッフェンは、イスラエルの首都テルアビブの文化シーンで活躍する作家で演出家なのだそう。今年のカンヌ新人賞獲得作品。(海)