女性の体の崇高さを讃える。”Les Figures d’Eros”


Femme nue etendue sur le cote 1900 D. 3996
CR: Musee Rodin, Paris.

ロダン美術館 : 79 rue de Varenne 7e 3月18日迄(月休)


G A L E R I E
Ithemba
 ショールーム兼ギャラリー〈イテンバ〉は、アフリカのエイズ患者、特に社会から疎外されがちな女性を、アートを通して、経済、心理、医療面で支援している。責任者のシリル・ヴァレさんはもともと家具デザイナーで、自分のアトリエに2002年にイテンバを、翌年に非営利組織NPO “Dessine l’espoir” を設立した。
 音楽家たちのエイズについてのメッセージを、アフリカ南部のエイズ患者の女性がTシャツに刺繍する。また、フランスのデザイナーがデザインした電球のランプを、彼女たちが手仕事で作る。これらの商品をイテンバを通して販売し、その売り上げでNPOが活動する仕組みだ。
 昨年12月からは、”One month of love”と題した、コンドーム24個入りギフトボックスを販売している。24人のアーティストが個装デザインをした。フランスの若者にエイズにもっと関心を持ってもらいたい、とシリルさんは言う。ボックスの売り上げの一部はNPOへ。そのボックスのカバー作品の写真家、アンヌ=カトリーヌ・ベッケル=エシヴァールの最新作15点を4月2日迄展示。魚の頭が主人公のシリーズだ。(羽)

Viaduc des Arts, 67 av.Daumesnil 12e
www.ithemba.fr

●Zwelethu Mthethwa
 貧しくも誇り高く生きる、南アフリカの農村部の人たちの現実を捉えた南アの俊英作家の写真展。3/10迄。
Galerie Anne de Villepoix :
43 rue de Montmorency 3e

●Sam Gilliam

 描いた画布を折って吊るして留めた、1933年生まれのアメリカ人抽象画家の70年代の作品。ドレープが、平面の時にはなかった不思議な質感を生み出している。色の調和が素晴らしい。
3/31迄。
Galerie Darthea Speyer :
6 rue Jacques Callot 6e

●L’Orient des photographes armeniens
 弾圧を逃れてアラブ世界の各都市に移住した、19、20世紀のアルメニア人写真家約10人の作品。歴史遺産風景と肖像写真で、当時にタイムスリップした感覚が味わえる。4/1迄(月休)。
アラブ世界研究所 : Place Mohammed-V 5e 

●Armenia Sacra
 フランスにおけるアルメニア年を記念し、4世紀から18世紀末までのキリスト教彫刻や古文書を展示。アルメニアは東西文化の中継点だった。マンダラに通じる初期の彫刻の文様が美しい。工芸品は豪華絢爛。5/21迄(火休)。
ルーヴル美術館

●Pascin

 神童と言われた初期から1930年の自殺まで、エコール・ド・パリの画家パスキンの全貌を見せる。デッサンに見ごたえあり。6/4迄(火休)。
マイヨール美術館 : 59-61 rue de Grenelle 7e


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る