南ブルターニュにある町シャロレ

 5月は山羊乳のチーズを味わいたい。春になって外へ出され、香り高い若草をたらふく食べた山羊、その一番搾りの乳から作られたチーズが、3、4週間熟成されてちょうど食べごろになっているからだ。
 チーズ屋で求めてきたのは、直径5センチ、高さ8センチほどの円筒形をしたシャロレ。南ブルターニュにある町シャロレを中心に作られているチーズで、同
地方で作られている山羊乳チーズ、ブレスBresseやマコネMeconnaisの親戚。牛乳を混ぜ合わせたものもあるけれど、A.O.C.表記があれば
山羊乳のみで、本来のうまさが味わえる。
 山羊乳チーズ特有の匂いはあまりない。ややクリーム色がかった身は緻密で固め。ところが口に含むと即座にとろけていき、どこまでもクリーミー。木の実を
思わせる風味が快い。酸味も薄いから、山羊乳チーズが苦手な人も大丈夫だ。薄く輪切りにしてパンにのせてトーストしてもいい。
 ワインは、アリゴテやマコンのような、ブルゴーニュ地方の辛口の白がおすすめ。(真)


Charolais