スーマントラン

 先日、ブルゴーニュ地方ヨンヌ県のサンス市に友人を訪ねた時に、同県のブリオンという町で作られているスーマントランという牛乳チーズを味見させてもらった。これが素晴らしかった! 
 直径13センチ、高さ4センチほどの円形で、仕上げに塩水で表面を洗いながら熟成されているので、藁色の皮からウォッシュタイプ特有の納屋のような匂い
がぷ〜んと立ちのぼってくる。明るいクリーム色の身はしなやかで、シャンパーニュ地方のシャウルスを思わせるような舌ざわりで、どこまでもクリーミーな味わい。これが、皮の風味とみごとにバランスをとり合っていて、チーズ初心者でも大丈夫だろう。
 このチーズ、これから秋口までが食べごろだという。パリでも大きなチーズ屋さんなら売っているかもしれないので、ぜひたずねてみてください。ワインは、年代物でなくてもいいから、やはりブルゴーニュの赤がほしいなあ。
1個5.8
。(真)


soumaintrain