7eme Sud –イタリアや地中海、北アフリカの料理を旅行気分で。

 7区の上品な界隈に気軽に寄れるおしゃれな雰囲気のイタリアンレストラン発見との友人情報あり。さっそく訪れてみたら、イタリアンを中心にギリシャやチュニジア、モロッコなどの料理やお酒が楽しめる店だった。絵やインテリアなんかも異国情緒たっぷりで旅行気分に浸れそうだ。
 イタリアンに期待を寄せていた私たちは、前菜+メインからなる本日のランチ16
と本日のラザニア13をオーダー。ランチの前菜は季節感たっぷりのアンディーブとクルミのサラダ。爽やかなレモンの香りとたっぷりのオリーブ油が南の風を運んでくるようだ。
 メインは、鶏のローズマリー風味、キノコ入りバスマティ米のピラフ添え。薄切りのチキンの淡白な味をローズマリー風味のソースが引き立てている。付け合わせのピラフがキノコやニンジンが入っているせいかチャーハンのような懐かしい味がして意外な食体験。素直においしい一品だった。ラザニアはホウレン草とリコッタチーズでまろやかな味。栄養のバランスもいいから身体の内側から元気になれそうだ。
 デザートには、店自慢のパンナコッタ(8
)を注文。むっちりとした食感とバニラビーンズの甘い香り、生クリームのコクが一体となっていてうっとり。気前よく添えられたフランボワーズのソースも酸味がきいていて美味。
 来店時に「オハヨゴザイマス」と日本語で迎えてくれた給仕担当のマリオさんは、半年ほど日本へ行っていたこともある親日家。16区にも同じ店があるそうだし、気軽にアルコールを傾けつつ、仲間とわいわいやるのによさそうだ。次回は友だちを大勢誘ってタジンやミントティーを味わってみようかな。(月)

159 rue de Grenelle 7e 01.4418.3030 無休
56 rue de Boulainvilliers 16e 01.4520.1832 無休