Paris Jazz Festival


 ヴァンセンヌのParc floral de Parisで、7月24日まで毎週末ジャズコンサート。入園料(4
/割引2)を払っただけで、ジャズのトップスターたちの演奏を聴くことができる。すごい人出なので、早めに出かけて席を確保。
 3日は、ヨーロッパのジャズシーンを代表するサックス奏者ステファノ・ディ・バティスタのカルテットで「パーカーズ・ムード」。9日は、切れ味鋭い名ドラマー、ブライアン・ブレイドのクインテット。そして現在いちばん注目されているピアノトリオ〈ザ・バッド・プラス〉。ピアノのイーサン・アイヴァーソン、ベースのリード・アンダーソン、ドラムスのデヴィッド・キングがジャンルの壁をうち破ったダイナミックなサウンドを展開する。10日はサルサ。NYのサルサシーンに欠かせないトロンボーン奏者ジミー・ボッシュ率いるメルカドネグロ・オルケストラで汗をかきたい。
いずれも15h30開演。
Parc Floral de Paris :
M。Chateau de Vincennes

The Bad Plus

●リュシアン・ジョンソン・トリオ
 「彼のテナーは何よりも音が美しい。天才的!」とやはりサックス奏者の仲野麻紀が絶賛していたリュシアン・ジョンソンを聴きに出かけたい。今回はギターのジャン=フランソワ・ポヴォロス、ドラムスの佐藤真が共演する。
13日/20h30。10

Atelier Tampon : 14 rue Jules Valles 11e 01.4373.5346 M。Charonne