★★★Vincent Delerm


 ボソボソした声で歌うピアノの弾き語り。ヌーヴェル・シャンソン・フランセーズの旗手、ヴァンサン・ドレルムのオランピア劇場公演に期待したい。昨年リリースした2枚目のアルバム「ケンジントン広場」は2年前の音楽大賞で新人アルバム賞を受賞した時の、あの映画のシーンを思わせる自叙伝的な初アルバムに匹敵する出来で、作家である父親譲りの文学的インスピレーションが枯渇していなかったことを証明。今回の公演でもステージいっぱいに自作の詩を映し出すことだろう。(南)

10~14日/20h。24.5~30.8
Olympia : 28 bd des Capucines 9e
08.9268.3368
●Pata
 Pataは、〈X JAPAN〉のギタリストとして1989年にデビュー。数々のヒット曲を放ってきた。3人からなるバンドRa:INで、初のパリ公演。
5日/17h~22h30。
35euros(Fnac、Virgin)。
Elysee-Montmartre : 72 bd de Rochechouart 18e
http://parisvisualprod.free.fr (予約)

★サイン会は4日14h30から、Hard Rock Caf (14 bd Montmartre 9e)で。
★オヴニーの読者10名様をご招待。ご希望の方はオヴニー編集部までお電話下さい(01.4700.1133)。 チケットは編集部まで取りに来ていただくことになります(9 rue de la Fontaine au Roi 75011 Paris)。

●Azumi、沖至、川崎知、仲野麻紀ほか
 エスパス・ジャポンでコンサート。14日(19h30)は、歌が持つ本来の力を改めて感じさせてくれるAzumi(アズミ)。彼が弾くギターもすさまじいエネルギーを発散して、魂のこもったブルースを聴くことができる。今回初のパリ公演には、切れ味鋭いアルトサックスを吹く川崎知も同行。パリ在住のトランペッター、沖至やドラマーの佐藤真も参加。『ものすごくさみしい女 lonely Woman』が楽しみだなあ。
 15日(18h30)は、パリで活躍するアルトサックス奏者、仲野麻紀が登場。ギターだけでなく中東の楽器ウードも弾くヤン・ピタール、ドラムスのトマ・バラリと、水の流れ、風の動きを感じさせてくれるようなどこまでもクールで繊細な即興を展開していく。
いずれも10e/5e(会員)。
Espace Japon : 9 rue de la Fontaine au Roi
11e 01.4700.7747 M。Republique