過剰な、あまりにも過剰な! “Dionysiac”

 予算半減で(それだけではないだろうが)、ほとんど見るべき現代美術展がなかったポンピドゥー・センターで久しぶりに刺激的な展覧会を見た。多くの示唆を含んでいる展覧会として、残り日数わずかだがぜひおすすめしたい。
 ここでいうディオニソスとは、むろんギリシャ神話に出てくるあの狂乱恍惚的な半神半人、酒の神バッカスのことだ。バッカス的精神に対する関心は、ニーチェの『悲劇の誕生』に明らかだが、古来から芸術を活性化する要素だった。この精神は現代社会、少なくとも芸術にバイタリティーを取り戻せるか?
 コミッショナー、クリスチーヌ・マセルの「悲劇的なものは歓喜である」とドゥルーズの言葉を引用しながら発する問い、つまり今日の「ポスト〈ポストモダン〉といわれる時代的文脈の中で、1989年以降、そして9・11以降、芸術に展開が見られるのか」という問いに答えようとするアーティストたちの挑戦でもある。それはここ10年ほど、美術シーンで大きな動きが見られず、表現自体が困難な状況にあったからでもある。
 ジェイソン・ローデスとポール・マッカーシーの共同作業は、男根を思わせるオブジェを工業的手法で無数に作り出す。それは今日の産業の過剰生産を思わせる。マレイチ・フェイレルは縫製工場を再現する。それはサンドニ門の裏手にある非合法の縫製工場を彷彿とさせる。マーチン・カーセルは自然と日常品とを過剰に交合させた大きなオブジェを回転させる。クリストフ・ブッシェルは、冷凍庫内部でロック・コンサートを催し、その後そこに残されたすべてを冷凍した事後を作品として提示している。トーマ・イルシュオルンは巨大なケーキとスプーンで、水や食料を求める「南」を思い浮かばせ、あらゆる現代社会の問題を過剰なまでに膨大な資料の山として提出してみせる。
 表現の過剰さと執拗さは、美学や作品の質という問題を越えて、今日的問題を一挙に目の前に現前させる。過剰さを持って過剰さを切るのだ。これは明らかに従来の美学や反芸術に陥らない批判的アプローチともいえる。過剰さは生き延びる方法になりえるだろうか?(Kolin)

C: Centre Pompidou,
Jean-Claude Planchet

Embargo
 オーナーのバルバラ・ゴッドフロワさんが選んだ約15人の工芸作家の作品を展示している。日本なら地方都市にもあるこうした工芸ギャラリーは、フランスでは意外に少ない。
 素材も個性も違う作家たちの作品の共通点は、シンプルで洗練されていること。一見アフリカ風だが、アフリカの工芸とは違う味わいがある。作家はほとんどフランス人だという。
 6年間広告代理店に勤めたバルバラさんは、30歳を機に独立を決意。昨年開店した。アジア、アフリカ、中南米旅行から得られたものが熟し、彼女の好みと合わさってできたようなギャラリーだ。
 おつまみ入れに使えそうなコラージュの紙皿、日本の作家の屏風、半貴石を使ったシックな首飾り、金属の家具、陶器など。いずれも一点ものや少数限定の作品で、値段は25ユーロから。ランチョンマットやサラダ用フォークなど、普段の生活を楽しくしてくれるものも揃っている。
 5月はカリグラフィー、6月は彫刻と陶芸展を予定。(羽)

2 rue de Lesdiguieres 4e 01.4277.7496
M。Bastille www.embargo.fr 
火-金10h30-14h/15h-19h30
土10 h30-19 h30(月休)。


●Poulies secretes
 西アフリカの一部では昔から、機織で使うプーリーと呼ばれる木製の道具に人物や動物や抽象的な意匠を彫刻してきた。コートジボワールのバウレ族、マリのドゴン族などの人々が作ったプーリー約70点から放たれる豊かなイマジネーション。5/21迄。
Galerie Renaud Vanuxem:
52 rue Mazarine 6e 

●Draw!
 イラストレーター、グラフィックデザイナー、ストリートアーティスト、漫画家など、世界中から40人のアーティストを集めてドローイングのエキスポジション。5/21迄。
Galerie du jour agnes b.:
44 rue Quincampoix 4e

●Tony Oursler (1957-)

 さまざまな形のオブジェや壁面に投影される奇妙な「しゃべる頭」。アメリカ人アーティスト、アワースラーのこれまでの作品を振り返る、パリで初の個展。5/22迄(月休)。
Jeu de paume : 1 place de la Concorde 8e

●Estampe et Bibliophilie
 1889年に創立されたフランス画家・版画家協会の第66回展覧会。今回のテーマは版画と本。日本人としては唯一の会員、木原康行(1932-)の版画も。5/10-28迄(日休)。
パリ6区区役所 : place Saint Sulpice 6e

●Adriana Varejao (1964-)
 ブラジル現代美術シーンで最も注目されるアーティスト。ブラジルの歴史の断片が、絵画とも彫刻ともつかない表現方法で奔放に展開される。
6/5迄(月休)。
Fondation Cartier : 261 bd Raspail 14e
●Maitres francais
 19~20世紀各時代に起きた芸術ムーブメントの中心人物たち42人の絵画・彫刻作品約60点。ドラクロワからモネ、セザンヌ、マチス、バルチュスまで。7/8迄。
Galerie Schmit : 396 rue St-Honore 1er

●Matisse, une seconde vie

 弾ける色彩、抽象的で簡潔なフォルム。アンリ・マチス晩年の作品約100点。1941年から亡くなる1954年まで友人の画家アンドレ・ルヴェールと交された数多くの書簡が、この時代のマチスの思想とイマジネーションを物語る。油彩、コラージュ、デッサンなど。7/17迄。
Musee du Luxembourg:19 rue de Vaugirard 6e