光に満ちた天空を再現。”Le ciel dans un tapis” 展

 たかが絨毯、とばかにするなかれ。エジプト、トルコ、ペルシャ(イラン)の絨毯最盛期(16-17世紀)の逸品56点を、ニューヨークのメトロポリタン美術館、ベルリンのイスラム文化美術館やロンドンのビクトリア&アルバート美術館などから集めた豪華な展覧会だ。
 そもそも絨毯は、身分の高い、教養ある人たちのものだった。中世アラブ世界の哲学者アル・ファーラービーや、哲学者で医者だったイブン・シーナ(別名アビセンナ)の思想の影響を受けて織られた絨毯は、光に満ちた天空を再現したものだった。
 「絨毯の中の天空」というタイトルは、ここから来ている。絨毯に必ず現れる四角い縁取りを窓枠とすれば、中の模様は窓から眺めた空に見立てることができる。その空に現れているのは、すべてが有機的に結びついた精緻な宇宙だ。複雑に伸びる線や形も、よく見れば単純だ。それが無数に広がって、複雑だが秩序だった世界を形成している。絨毯はそれ自体が小宇宙なのだ。幾何学的、抽象的な模様であればあるほど、地上を離れて、より宇宙的なイメージになる。
 華やかな縁取りは、その宇宙を限られた空間に限定して織り込み、愛でるための約束事なのかもしれない。そうした絨毯をいくつも見ているうちに、絨毯はイスラム世界の曼荼羅だ、と思う。
 絨毯は家やテントの中で使うものである。床に敷くものに天空を現すことで、天の輝きが地上に降ろされるという、象徴的で宗教的な意味もあったようだ。
 モチーフの傾向は、1/幾何学模様、2/中央に大きな環があるもの、3/植物模様の三つに分けられる。大きな環は、雪の結晶や細胞のようにも見える。16世紀になると、トルコでもペルシャでも、植物の図柄が出てくる。最後の55番の絨毯では花と穂が渦を巻いて、形而上的な天空とは違った、地上の装飾的な美しさがある。
 大きく傾向が違うのは、屋根付きの家が描かれた絨毯で、葬儀や祈りの時に使われた。葬儀の絨毯の真ん中には墓がある。シンプルな表現が、他の複雑な絨毯の中で異彩を放っている。(羽)

Tapis a medaillon central, Perse du Nord-Ouest, vers 1700. Chaine en laine, trame en laine, velours en laine, noeuds persans.

Ham, The Keir Collection

Ph. A.C. Cooper

Institut du Monde Arabe : 1 rue des Fossees-St-Bernard 5e
3月31日迄(10h-18h 土日19h迄。月休)


Galerie Untitled
 サン・ルイ島にしっとりとたたずむ17世紀の館の中庭の奥、昨年10月にオープンしたばかりのギャラリーがある。オーナーはナディーヌ&トム母子。20年間高校教師だったナディーヌさんとコンピュータ技師だったトムさんが、軽やかなアート空間を生み出した。定期的に開催する企画展のほか、フランス人デザイナー、アントワーヌ・レイモンの家具を常設展示。そして、新旧のデザインが心地よくフュージョンするカラフルなテーブルの上には、小さなメニューが置かれている。
 実はここはティーサロンでもある。以前ふたりがニューヨークのギャラリーめぐりをした時に、疲れた脚を、やっとのことで見つけたティーサロン(ジャパニーズだった!)で癒した思い出が、ギャラリー&ティーサロンを生むきっかけになった。〈グッゲンハイム〉、〈ウォーホール〉、〈バスキア〉などと名付けられたケーキはナディーヌさんの作品だ。毎日奥の厨房で腕を振るっている。歩み出したばかり、アートと人生を愛するふたりのギャラリーだ。(仙)

51 rue St-louis en l’Ile 4e 08 7109 8755
www.untitled1.fr

月休。

*セルビア人アーティストMiroljub STAMENKOVIC展。2/8-4/3迄。


●Julio GONZALEZ (1876-1942)
 バルセロナで彫金師だったゴンサレス。画家を目指し1904年移住したパリでピカソと出会う。1920年代以降、デクパージュやアサンブラージュで形体を再構成し、鉄材を用いて制作した彫刻作品は立体表現の伝統を一新した。現代彫刻の祖ともいえる作品を数多く残した彫刻家。2/21迄(火休)。
マイヨール美術館
Musee Maillol : 61 rue de Grenelle 7e

●Maurizio NANNUCCI (1939-)
 1960年代から言語、画像、現実の関係や、自然と人工的なものとの関係を写真、ビデオ、インスタレーションなどの作品で探究してきたアーティスト。新作〈Double Truth〉は空間いっぱいに広がるネオンのメッセージ。赤と青の色の変化が知覚と記憶に激しく作用する。2/26迄(日月休)。
Galerie Piece Unique : 4 rue Jacques Callot 6e

●Le destin de Kullervo

 叔父と父の争いで叔父に家族を殺され、奴隷になった生き残りの母から怒りとともに生まれたクレルヴォ。生後3日で産着を引きちぎり、3カ月目に一生を復讐に捧げようと誓った。フィンランドの一大叙事詩「カレヴァラ」の悲劇のヒーローをテーマにした作品を集める。2/26迄(日月休)。
Institut finlandais : 60 rue des Ecoles 5e

●De ma fentre, des artistes et leurs territoires
 1970年代から今日までのポーランドの現代アート。Jozef Robakowski、Cezary Bpdzianowski、Artur Zmijewski
など14人の作品。2/27迄(月休)。
国立高等美術学校 : 13 quai Malaquais 6e

●Jean HELION (1904-1987)
 1929年に前衛的な抽象芸術グループを創立し注目を浴びるが、1930年代末からは具象表現に回帰。強い色彩で描かれた日常的な状景は、エリオンの心が描く夢想の世界。生誕100年を記念する大回顧展。3/7迄(火休)。
ポンピドゥ・センター
*1933年から1946年までのエリオンの作品を集めたエキスポジションも開催されている。 2/26迄。
Galerie Marwan Hoss : 12 rue d’Alger 1er

●Claude Rutault

 現代アーティストを招いての企画展シリーズ。第2回目は1970年代から芸術の実在性を問い続けるクロード・リュトー(1941-)。〈Les Toiles et l’archer〉と題し、美術館全体に無地のタブローを点在させ、彫刻と絵画の関係を探究する。3/15迄(月休)。
ブールデル美術館 :
16 rue Antoine-Bourdelle 15e