Cok Ming(國民酒樓)– 今年の忘年会は北京ダックでキマリ。

 オヴニーのスタッフと北京ダックを食べにベルビルへ。コースは、1羽が4人前(付け合わせを2つ選択)で45。半羽2人前(付け合わせは1つ選択)が25。付け合わせは、焼きそば、野菜炒め、ブロッコリー炒め、キクラゲ炒め、炒飯、カモのカレー炒めのうちからチョイスする。また、5人だったので、店自慢のカモの舌(9)と、ソフトシェルクラブ(12€)の唐揚げも合わせて注文。カモ舌もカニもピリ辛のたれがかけてあって旨い。カモの舌は、コリコリと軟骨があってなかなかの珍味。甲羅ごと食べられるカニも、両方とも、スパイシーでチンタオビールのお供に最高だ。

 こうしている間に、待望の北京ダックが登場!目の前で、かりかりにローストされたカモの皮を切り分けてもらえる。これまたアツアツで給仕される包餅を手に、シェフ特製のテンメンジャン、アサツキ、カモの皮をのせて、「いっただきま~す」。皮からはジューシーな肉汁が溢れ出して至福のとき。う~ん、生きててよかったと幸せをかみしめながら、次から次ぎへと手が伸びる。

 すでにこれだけでもえらく満足なのだが、第2ラウンドもある。皮を削がれたカモちゃんがあらたに調理されて出てくるのだ。付け合わせに我々が選んだのは、ブロッコリーをプラスした野菜炒めと焼きそば。どれも大皿にたーっぷりサービスされるので、満腹は必至だ。北京ダックは、大勢でテーブルを囲むのにぴったりだし、とにかくリーズナブルなのがいい。今年の忘年会はこれに決定なのでした。(月)

39 rue de Belleville 19e 01.4208.7592 無休