L’Avant Gout– 新感覚のフレンチが気軽に味わえる。

 メトロPlace d’Italie 駅前にある映画館〈Grand Ecran〉で友人と待ち合わせ。といっても、今日は映画でなく、すぐ近くのコストパフォーマンスが高いと大評判のレストランへ。
 日替りのランチコースは、12.50€でグラスワインとコーヒー付き。本日の献立は、前菜に白菜のサラダ、マスタードソース添え、メインが海マスのグリル、アンディーブのショウガ風味という、どんなのが出てくるんだろうとワクワクするメニュー。注文を済ませると、すぐに注いでくれたまろやかな口当たりの赤ワインは、飲みやすく、料理への期待がますます高まる。
 細かく刻んだ白菜に塩をしてしんなりしたものをまとめたサラダは、ちょっぴりお漬け物風。とはいえ、添えられたクリーミーなマスタードソースと、鮮やかな緑のパセリのソースとの組み合わせや、上にたっぷり盛られたカイワレダイコンのぴりりという辛みも効いていて、ひとくち、ひとくちに新しい発見があるのが楽しい前菜だ。
 メインの海マスは、大きな切り身が皮付きでかりっと香ばしくローストしてあり、ゴキゲンな一品。魚の下にあしらわれたアンディーブのソテーは、軽くショウガの香りがする。アンディーブの苦みとの相性も抜群だ。
 フランス料理には馴染みのない野菜や果物、スパイスなどの新素材を意欲的にアレンジした料理が、これだけ気軽に試せるのは嬉しい。向かいには、選りすぐりのワインや食材、シェフの調理による保存食などを売る食品店もある。(月)

26 rue Bobillot 13e 01.5380.2400 土日月休