パンを素材にして…。 Pain Couture by Jean-Paul Gaultier

 パンという日々の糧を、ファッション界の寵児ジャン・ポール・ゴルチエが扱ったらどうなるか? その答えがこの展覧会だ。
 「美術館で回顧展をするのは自分の趣味ではない」というゴルチエは、パンを素材とした作品を展示するというアイデアを展覧会の企画者から提案され、大いに制作意欲をそそられたという。
 毎日食べるものゆえ、平凡な食べ物と見られがちなパン。しかし、フランス人は、これなくしては生きていけない。衣も同じで、着るものがなくては人間は暮らせない。パンを素材にしたことで、華やかなファッションの影に隠れた「衣」の本質的な部分を考えさせる展覧会だ。
 「自分は芸術家ではなく、パン職人や菓子職人と同じように職人だ」とゴルチエは断言する。パンを素材としたのはその職人気質の表明ともいえる。
 お針子さんたちの代わりに制作にあたったのは、フランス最高職人(MOF)の称号を持つ14人と、フランス全土を巡歴して修行する同職組合「コンパニョン・デュ・ドヴォワール」の3人のパン職人。高度な技術で、ゴルチエの意図をみごとに再現している。
 パン籠を逆さにした作品では、籠の中にパンが詰まり、すそ広がりのスカートからバゲットがはみ出している。胸の部分は丸いパン。衣も、衣をまとう肉体もパンで表現されている。
 楕円形の焼き菓子、ラングドシャを鎖のようにつないで作ったドレスは、このドレスを食べてしまったらどうなるか、とエロチックな想像もさせる作品だ。会場には、「手を触れないでください」のほかに、「食べないでください」の注意書きもある。
 地下には、コルセットをつけたマネキンが、ギリシャ彫刻の出土品のように床にごろりと置かれている。素材はもちろんパンだ。焼き方で古代彫刻のような雰囲気を出したのは、パンだからこそできた技といえる。
 地下にはパン工房もある。ここで作るゴルチエがデザインしたファッショナブルなパンは、1階で購入できる。紫の着色料が使われているが、黒すぐりと海草で作った天然のものなので安心。売上げは、貧困者のための「レスト・デュ・クール」に寄付される。(羽)





Fondation Cartier : 261 Bd Raspail 14e
10月10日まで(12h-20h 月休) 

Galerie Endora

 中国人現代作家の作品ばかりを紹介するギャラリーが今年の初めにオープンした。現在はチョウ・ヤンカオ、ユェ・チェンウェン、スン・ヤン、シー・ユンシァンの山水画展が行われている。今まさに活躍中の4人の画家で、特にユェ・チェンウェンは日本でも高い評価を得ている。
 古くから伝わる水墨画の技法で、伝統的な「山水」というテーマを現代のアーティストはどう描くのか?時代からくる違いはあるだろうが、紙の上を走る筆の潔さや浸透する墨のにじみから伝わり来る精神性は今も昔も変わらない。
 クオリティの高い作品をこれからも紹介していこうというオーナーのアンドレ、ユーチン夫妻。そのこだわりは絵画に留まらず、お茶の世界にまで広がっている。ユーチンさんが産地直送の最高級の中国茶で、伝統的なお茶の楽しみ方を手ほどきしてくれるのだ(予約制)。お湯の中でふわっと羽をのばすお茶の葉、青い香り。新鮮な中国を全身で感じられるギャラリーだ。(仙)

6 rue de la Tacherie 4e(月休)
01.4887.0298
「山水画展」8月末まで


●Giuseppe PENONE (1947-)
1968年に自分と木との関わりを作品化し、1969年にはアルテ・ポーヴェラ運動に参加。自然と自分自身の精神的な関わりを探究し続けるペノーネの回顧展。60年代から今日までのインスタレーション作品。8/23迄(火休)
ポンピドゥ・センター

●Johan Barthold JONGKIND
(1819-1891)
オランダ生まれ、1840年代にフランスへ。水、光、影を描く風景画を多く残した。ブーダン、モネと親交を持ち、特にモネには大きな影響を与えた。印象派絵画の先駆者といわれる画家。9/5迄(月休)
オルセー美術館

●Annette MESSAGER (1943-)
女性の立場を皮肉に作品化してきたメサジェの最近作。10/3迄
Couvent des Cordiers :
15 rue de l’Ecole de M仕ecine 6e
同作家の作品「私の小さな肖像/Mes petites effigies(1988/パリ市現代美術館所蔵)」がクリュニー中世美術館で公開されている。9/6迄(火休)
6 square Paul-Painleve 5e

●Jozef MEHOFFER (1869-1946)
フランスではあまり知られていないポーランド人の象徴主義画家。リアルな描写、装飾的な線と色で幻想的な世界を描き出す。9/12迄(月休)
オルセー美術館

●新しくなったジュ・ド・ポーム

ナポレオン3世時代に球戯室として建設され、1947年から印象派美術館、近年は現代美術館として親しまれてきたが、この6月新しく写真美術館としてオープンした。こけら落としとして2つの展覧会を開催。ビデオのインスタレーションや映画上映も含む、19世紀から今日までの写真の歴史を振り返る “Eblouissement” 展と、ファッション・広告フォトグラファーで1992年に亡くなったフランス人写真家 Guy Bourdin展。
9/12迄(月休)
Jeu de Paume : 1 Place de la Concorde 8e

●Sanyu (1900-1966)

1920年、第1次大戦が終わり幸福感にあふれるパリ。その頃モンパルナス界隈には世界中からアーティストが集まった。当時20歳の中国人サンユーもその一人だった。エコール・ド・パリの空気を吸いながら、簡潔な色と形で独特な詩的空間を描いた画家。
9/13迄(火休)
ギメ美術館 : 6 place d’Iena 16e


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る