話題のイスラム・スカーフはお休み。 ショール、襟巻き、ボネ、カスケット、ペルー帽…寒い冬。

写真・文(美)
「なんだか暖冬だね」なんて言っていたら急に寒波到来!
といっても昼で6度くらいのパリ。
今年は毛糸。それも手編み風襟巻きが流行っている。帽子も手編み風のペルー帽、漁師風ボネ(縁なしの毛糸の帽子)も手ごろであったかい。
主流は黒、紺、灰色だけど、カラフルなストライプもよく見かける。
そして巻き方で個性を出すパリの人々。
カフェではショコラ・ショーを両手に包んで飲んでいる人をたくさん見かけた日曜日の午後でした。(麦)
ヒッピー風にアレンジしないでかぶるペルー帽。手にはみかん。


全身黒…は素材の違いでアクセントを
つける。

色も素材もグチャグチャ。
2枚のショールを組み合わせて。

彼は大きなショールをグルグル巻き。
彼はこぢんまりキメル。


フードの付いた毛糸の古着。
裏がモコモコしていたから、
見た目よりはあたたかいのかも。


彼女のフェイク襟巻きも
手編み風帽子も
今年の流行り。
彼は色の組み合わせが美。
巻き方もかぶり方も似た姉妹かな?

ご婦人巻き。

柄の違うストライプを
上品に組み合わせた。



巨大なデンマーク犬
トビ君がかっこいいから
飼い主もかっこいい。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る