テレ・レアリテ番組はもう流行らない?

 民放M6で、2001年の4月から放映された “Loft Story” は、テレ・レアリテ系の番組のはしりだった。ロフトに11人(男6人、女5人)の参加者を閉じこめ、彼らの私生活を数千万人の視聴者がのぞき見…いつセックスするのか、などという視聴者のスケベ根性も刺激して、大成功を収めた。
 この “Loft Story” を制作したEndemol
社は、柳の下の2匹目のドジョウをねらって、4月26日から、今度は民放TF1で “Nice People” の放映を開始。参加者12人が、フランスだけでなく、ベルギー、イタリア、ポルトガル、ドイツ、ロシアなど、ヨーロッパ各国出身の若者という以外には、 “Loft Story” とまったくそっくりの作り方だ。
 ところが、TF1のこれでもかこれでもかというスポット作戦やテレビ雑誌などでの大がかりな宣伝にもかかわらず、第1回の視聴率は34.9%、視聴者687万人と予想を大きく下回り、第2回は、視聴率21.9%、視聴者440万人にまで落ちてしまった。このままでは番組のCMの値段も暴落し、TF1は、Endemolに、”Nice People” がもう少し刺激的になることを要望するはめになった。(真)

*毎日/18h05、土/20h50
http://nicepeople.tf1.fr/