フランス・ギャルさん France Gall一 夫のM・ベルジェや娘に先立たれ、舞台から遠のいている。

 フランス・ギャルさん(55)は、1965年のユーロビジョンで “Poupée de cire, poupée de son” を歌って優勝。このシャンソンは国際的ヒットになり、日本語でも「ワタシはユメみるシャンソンニンギオ…」と可愛らしい舌足らずで歌って、たちまちアイドルに。その後も数々のアルバムを出してきたが、最近は新盤も出していないし、舞台からも遠ざかっていた。「いろんなことがあったけれど、私から望んだことは一度もない。16歳でデビューして、もう55歳なのよ。ずっと言ってきたことだけれど、年とった歌手には決してならないでしょう」
 ところが、昨年後半からテレビの番組に登場したり、彼女についてのドキュメンタリーが放映されたりで脚光を浴びている。それは、彼女にも曲を書き、作曲家、歌手としてヒットメーカーだった夫のミシュル・ベルジェさんの10回忌を記念するため。「私は世界でいちばん幸せな妻で歌手だった…」
 彼女の父は、アズナブールに『ラ・マンマ』などを書いた作曲家。(真)

“Mais après tout ce qui m’est arrivée je n’en ai jamais eu envie! J’ai commencé à 16 ans, j’en ai 55!
J’ai toujours dit que je ne serais jamais une vieille chanteuse.”

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る