さようなら、サンローラン。

 「私が愛したこの職業にお別れをいうことにしました」。モード界の王子様、イヴ・サンローランがオートクチュールをやめる。プレタポルテも香水もアクセサリーもメガネもつづけるのであれば、さて何が問題なのだろう?
 サンローランは1962年に初めてのショーを行い、1966年にはサンローラン・リヴゴーシュを開店するが、1998年からはエディ・スリマンがプレタ・オムのデザイナーを、1999年にはアルベール・エルバスがプレタを担当したりした。そして現在、アートディレクションはグッチの救世主的スターデザイナー、トム・フォードが指揮をとっている。 YSL プレタと香水部門はグッチグループに属し、グッチはPPRグループ(Pinault-Printemps-La Redoute)にホールディングされている。フランソワ・ピノーはグッチの53.2%所有者で、1999年にグッチがYSLを7千万ドルで買い取る前は、石油グループElf社のマックス・ロビンソンによる経済的立て直しの介入を受けていた。PPRグループはYSLのオートクチュール部門もホールディングするなど、仮面の下は複雑だ。そのピノー氏に今回サンローランは「速やかに厳かに終止符を打たせてくれた」ことへの感謝の念を述べている。
 ここ何年か存続の意味や利益の論議がなされてきたオートクチュールは、20世紀のモードの美の粋を極め、クリエーターたちが才能や欲求を経済的拘束なく発揮できる唯一の場だが、15年前には25あったのが、現在ではYSLが下り、11のメゾンが発表するのみになっている。存続のための合併とはいえ制約や義務が課せられる系列化は、自由なクリエーションにはネガティブな要素になり、クリエーターたちはのれんは残しながらも実質的には去らざるをえない、もしくは妥協しながらということになってしまう。
 しかし1月7日の引退記者会見で、サンローランは「昔から習いたかったデッサンをしたり、エジプトやインドを旅行したい」と語った。生前のナタリー・サロートをして「文章を書けば、今よりもっと有名になる」といわしめた文才もあるらしく、現65歳、40年のキャリアを一変して第二の人生を踏み出したい、というオプチミストで謙虚な姿勢だった。
 1月22日のポンピドゥ・センターでの回顧的ファイナルショーは、2000人の招待者に300着、最後には200人のモデル全員が黒のスーツを披露。フランスのシンボル女優モデルのレティシア・カスタと6区YSLブティック真向かいに居住し、YSLの長年のミューズであるカトリーヌ・ドヌーヴを両手に、サンローランはモード界に涙のアデュを告げた。(麦)

サンローラン豆知識

1936 アルジェリアのオラン市生まれ
1954 オートクチュール組合学校卒
   クリスチャン・ディオールのアシスタント
1958 C・ディオール死去 
   ディオール主任デザイナー
1962 YSLブランド 初ショー
1964 初香水”Y”
1965 モンドリアン・ワンピース
1966 YSL Rive Gauche開店 、女性用スモーキング、ポップアートルック
1967 三つ揃いスーツ
1968 サハリルック 
1974 ロシアバレエルック
1995 レジオンドヌール第4等勲章


香水の数々
Y (1964), Rive gauche (1971), Yves Saint Laurent pour Homme (1971),
Eau libre (1975), Opium (1977),
Kouros (1981), Paris (1983), Champagne (1993), Yvresse(1996),
Opium pour Hommes (1995),
In Love Again (1998), Vice Versa (1998)


回顧展
New York 1983
Pekin 1985
Paris 1986
Tokyo 1990

舞台装飾、衣装
Des journees entiiees dans les arbres (1965),
l’Amante anglaise (1968), Harold et Maud (1973), Savannah Bay (1983)

映画衣装
les Collants noirs (1960), ピンク・パンサー (1962),
アラベスク(1965), 昼顔 (1967),
La Chamade (1968), 暗くなるまでこの恋を (1969),
薔薇のスタビスキー (1974),
Une Anglaise romantique (1975), プロビデンス (1976).