パリのSQUATアーティスト


Les Falaises



AlterNation
 パリ市内には、画家、彫刻家、音楽家、ダンサーなどのアーティストたちが空き家に無断入居して、仕事や作品発表の場にしているところが何カ所かある。「スクワット・アーティスト」(スクワット / squat : 不法入居) と呼ばれる彼らは、強制退去と隣り合わせの生活にもかかわらず、既存のギャラリーや、シアター、美術館とは違うスタンスで、自分たちならではのクリエイティブ・スペースを創り出しているようだ。そんなアーティストたちに会ってきた。(仙)

スクワット・アーティストたち
彼らのほとんどは、スクワットからスクワットへと転々としている。退去させられるたびに、一つ屋根の下で過ごした仲間はばらばらになり、別の場所で新しい集合体になる。カテゴリー制限がないので、ビジュアル・アート、音楽、演劇、ダンスなどいろいろな分野のアーティストが同じ場所に集まり、そこはお互いが刺激を受け合える、クリエイティブな交換の場にもなっている。

スクワット・アーティスト、いつから?
1980年代から増えてきた空き家を仕事場にするアーティスト。歴史的には20世紀初め、ピカソたちがアトリエにした「バトー・ラヴォワール」がパリで最初。現在はパリ市の所有でアトリエ兼住居として貸し出されている。マルセイユやトゥールーズにもある。また壁崩壊後のベルリンでスクワット・アーティストの活動が盛んだ。でも最近は資本が入り、流行のカフェやギャラリーになってしまった所もある。 


劇団 Hue! Burik! のメンバー。AlterNation にて。



Collectif 21 Label-Grange
 

文・写真/趙淑仙 協力/益子実穂

ページ: 1 2 3 4