肩のこらないヴォードヴィル劇。 L’Habit vert

 15世紀、酒盛りの席で歌われる風刺唄として生まれたヴォードヴィルvaudevilleは、17世紀には唄とバレエが混ざった劇に形を変え、19世紀半ばには軽い通俗劇として定着し人気を呼んだ。ヴォードヴィルを有名にしたウージェーヌ・ラビッシュ、ジョルジュ・フェードーほど名は知られていないが、この「L’Habit vert」の作者ロベール・ド・フレールとガストン・アルマン・ド・カイヤヴェのコンビも、自分たちが生まれ育った環境である貴族とブルジョワ社会を風刺する劇を発表し、今世紀のはじめに成功を収めた。
 タイトルの “Habit vert (緑の燕尾服)”は、アカデミーフランセーズの会員たちが身につける正装を指す。美しい妻をかえりみずアカデミーの運営にしか興味のない公爵と、若い愛人から捨てられてばかりいる公爵夫人をとりまく政・財界の名士、芸術家たちのサークルが描かれる。公爵婦人の恋愛、アカデミーの新会員選び、愛人の浮気、任命式…速いテンポで話はどんどん巧妙に進んでいくけれど、難しい話ではないし、滑稽であることに徹しているので意外とわかりやすい。これもヴォードヴィル劇の特徴。
 最後に登場する軍隊行進は、ベルエポックの終焉を象徴しているが、行進を見物するのんきな公爵夫婦一行の表情には戦争の影もなければ一抹の不安すら浮かんでいない。
 ぴたりと呼吸の合った演技を見せる役者たちはみな甲乙つけがたいが、 英語訛りのチャーミングなフランス語を話す公爵婦人を演じるアンドレア・レッツ=ルイエは、この時代に本当に生きていたのではないかと思えるほど適役で特にいい。演出はアンヌ=マリー・ラザリニ。(海)
*Theatre Artistic Athevains : 48 bis rue Richard Lenoir 11e 01.4356.3832
火金土20h30 水木19h00 土日16h00
80F / 150F


●Les muses orphelines
 久しぶりに勢揃いした4人の兄弟姉妹は、 幼少期を懐かしみ始めるが、4人を捨て失踪した母親の思い出が次第に皆の心に蘇ってくる。
 母を恋しく思う優しく切ない気持ちは、一瞬のうちに捨てられたことへの憎しみに変わる。幼少期に受けた深い傷を背負った4人は大人になりきれずに成人の年を迎えた。テネシー・ウィリアムズの中心テーマでもあった家族のつながりの残酷さと哀しさを、ナイーブな部分を残しながらも見事に描いているこの芝居 (ケベックの劇作家ミシェル=マルク・ブシャール作) を、イザベル・ロナイエットが舞台空間を上手に使いながら4人の若い役者たちを演出し健闘している。2/5日まで。
*Theatre de la Cite Internationale :
21 bd Jourdan 14e 01.4313.5050


●A tort et a raison
 ナチスに協力した疑いで、戦後、裁判にかけられたドイツ人芸術家のリストに、ベルリンフィルの専任指揮者として活躍したフルトヴェングラーの名があった。芸術と政治の分離を説いて自己の潔白を主張するフルトヴェングラー (ミシェル・ブーケ) を、芸術より人間性を重視するアメリカ軍将校 (クロード・ブラッスール)が執拗に追いつめていく。脇役もそれぞれいいのだが、やはりブーケやブラッスールのようなうまい役者が出ると舞台が引き締まる。休憩なしの2時間が苦にならないほどで、ロナルド・ハーウッド原作のこの心理劇は迫力と見ごたえがあった。友人から「絶対おすすめ」と言われたものの半信半疑で出かけてみた芝居だが、たまには人の意見もきいてみるものだ。
*Montparnasse :
31 rue de la Gaite 14e 01.4322.7774
●Le vent coulis (すきま風)
 踊る男と松葉杖をつく青年が出会い、けんせいしあい、そして感情を通わせていく様を描くギー・シェレの戯曲 (演出も) を、出身地、言語の違う役者たち (フランス、日本、アメリカ、ブルキナファソ、ブルガリアの各バージョンがある)に演じさせるという面白い試み。
2/15日~4/2日
*Suddent Theatre :
14 bis rue Ste Isaure 18e
※毎回前半にフランス語バージョンを上演。プログラムの詳細は01.4262.3500。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る