いい小説を書くためには‥ “Un sujet de roman”

 「歯に衣着せず」という表現があるが、サシャ・ギトリの作品中の登場人物もこの言葉どおり、酷なほど率直にものを言う。売れっ子作家の夫 (ミシェル・オーモン) は、「唯一の取柄だった美しさははかなく消え、残るは眉間に皺よせる口うるさい女の姿だけ」と、 40年も連れ添った妻を忌み嫌い、妻 (ジュヌヴィエーヴ・カジール) は、「アカデミー・フランセーズ入りもレジオン・ドヌールも拒む名誉嫌いの夫に残されているのは、もっと売れる作品を書くことだけ」と創作意欲を失った夫を仕事へと追いたてる。 ところが、 夫が突然の病に倒れることで夫婦の立場が逆転し、 妻は水を得た魚のように夫の仕事に采配をふるうようになる。
 この作品は、ギトリの父親で俳優だったリュシアン・ギトリとサラ・ベルナールのために書かれた。 夫の発作を機に美しい夫婦愛が描かれるかと思いきや、妻はますます欲深く意地悪な存在に描かれていく。 それでいながら女性は結局愚かな生き物でしかなく、夫への仕返しを夢見る妻の存在そのものも、結局は作家である夫の小説の題材に過ぎなくなる…という最後の落ちはギトリ独特の皮肉か、それとも素直になれない男のテレなのか? この作家が言う通り、日常が「題材の宝庫」だとすれば、140の芝居と30本の映画を残したギトリは、自分の日常からいくつ「題材」を得たのだろう 。一緒に暮らした女性たちはさぞ悔しい思いをしたに違いない。 演出はジュヌヴィエーヴ・テニエ。(海)
* Theatre du Palais Royal:
38 rue de Montpensier 1er
01.4297.5981 火~金/20h30、 土/17hと21h、 日/15h30 。70F~260F



● En attendant Godot
 孤独、退屈、憐憫、記憶の喪失、愛情、憎悪、絶望、そして不安、不安、不安…ふたりの男は「ゴドーを待ちながら」約束の木の下で時間の感覚を失っていく。 いつからここにいるの? そしていつまで? 
 沈黙ほど雄弁な語り手はいない。 リュック・ボンディの演出で顕著なのは、突然、しかも何度も訪れる「沈黙」だろう。すべてが静寂に包まれた瞬間、期待と不安の混ざった表情の二人が見つめる一点を、わたしも息を潜めて見つめている。 そして「ゴドーはいつくるのだろうか」と、筋を知っているくせに愚かにもゴドーを待つ自分に気付く。ベケットの魔術。 素晴らしい役者に恵まれ、美術、照明とも完璧。ただ、途中で入った休憩のせいで、舞台を取り巻いていた緊張感が後半部壊れてしまったのがなんとも残念でたまらない。10月24日まで。(海)
* Odeon Theatre de l’Europe : 1 place Paul Claudel 6e 01.4441.3600

● Festival d’Automne a Paris
演劇では、フェスティバルの常連になったケベック出身ロベール・ルパージュの “Zulu time” (10/20 – 24) 、第二のイプセンといわれるノルウェー出身の若手ジョン・フォセの作品 “Quelqu’un va venir”(~11/20)、アメリカ・アヴァンギャルド演劇の元祖リチャード・フォアマンの”Hotel Fuck !” (10/1 – 19)、パレルモを拠点に活躍する演出家カルロ・セッチ率いるカンパニーが、イタリア語で演じる一連のシェークスピア劇 (10/28 – 11/7) など、例年に劣らぬ多彩なプログラム。ダンスでは、マーサ・グラハム(11/23-28)、マース・カニンガム(11/9‐20) など古参のカンパニーと、京都出身のダム・タイプ(10/13 – 24) や新鋭の舞踏家ボリス・シャルマツ(12/9-17) やマチルド・モニエ (11/30 – 12/2) などの若い力がぶつかり合う。 映画では、黒沢清監督特集 (11/10 – 30) 、韓国映画特集 (11/1 – 7) が予定されている。 詳しいプログラムと予約は01.5345.1717まで。