カンヌ映画祭で日本映画が元気だった。

 先号のカンヌの賞の結果に、もう一言付け加えさせてもらうと… 男女優賞が素人に行ったことに大いなる “?” を感じた。女優の卵である『Rosetta』のエミリー・ドゥケンヌはまだしも、『Humanite』の二人は、本人の生来の個性を、監督がカメラの前に引っぱり出してきて、まんま頂いたという感じで、限りなくドキュメンタリーに近い存在感。彼らに演技賞 (Prix d’interpretation) をもって行かれると、一生懸命に役作りしたプロの役者達の面目はどうなる? 同様に、超リアリズムで勝負したこの2本に賞を集中させてしまうと、ファンタジー系の映画作家(クローネンバーグみたいな!?)、そしてそういう作品が好きな映画ファンがシラケてしまいはしないか? 両作品とも立派な映画なので、勇気ある決断と褒めたい一方で、トゥーマッチな賞配分であった。過ぎたるは及ばざるが如し…?
 さて、なんと今年は、”ある視点” 部門に小林政広『海賊版』、”監督週間” に黒沢清『カリスマ』と諏訪敦彦『M/OTHER』、”批評家週間” に早川渉『7/25』、映画学校の卒業制作を対象に昨年新設された “シネフォンダシオン” という部門に山崎たつじ『夢二人形』、そして “コンペ” の北野武『菊次郎の夏』と、6本もの日本映画がカンヌで公式に上映された。これは前代未聞であった。日本映画は元気を取り戻したのか? いずれも作家の個性をしっかりと押し出したバラエティーに富んだ作品群。エヘンとちょと胸を張りたくなった。とりわけ一部ですでにポスト北野的に騒がれ始めている黒沢、また国際批評家連盟賞をゲットした諏訪、両監督の極めて近未来的な開花—すでに作品の完成度では開花済みだが、世間に認知されるという意味での開花—に今から胸を踊らせている。(吉)



●Another day in paradise
 麻薬を買う金欲しさに小さな盗みをはたらく息子とそのガールフレンドが、「ボニーとクライド」を自称する両親に誘われ、盗みと麻薬密売の旅に出る。
 犯罪と麻薬を取り扱っているにしてはスリルもサスペンスもあまり感じられずパンチ不足。 自らも麻薬に溺れていた過去を持つ監督 (もともと写真家として有名だった) ラリー・クラークの半自伝的作品、と期待して見たから余計がっかりした。 盗んだ麻薬を売りさばくジャンキーの夫婦が、若者たちをその道のプロに育てながら旅をするホーム&ロード・ムーヴィーの性格が強く出ている。 素人ばかりを使った同監督の処女長編 “Kids” とはうって変わって、 ジェームス・ウッズやメラニー・グリフスというハリウッドスターを起用したのはいいけれど、彼らが出てこないと画面が何とも締まらないのは演出に問題あり、とみた。(海)
●あの夏いちばん静かな海
“A scene at the sea”という題名になって、北野武が91年に撮った名作『あの夏いちばん静かな海』が封切られた。
 「余計なものを一切とっぱらったエキスだけで純粋培養されたような、極端にシンプルな恋愛映画。(…) 主人公の二人は聾唖者、従って台詞もほとんどない。物語もいたって単純で、清掃車でアルバイトする青年が、捨てられていた壊れたサーフボードを拾ったのをきっかけにサーフィンにのめり込んでいく、その様を淡々と追っているだけなのだ。そして彼の横にそっと寄り添っている恋人の存在…。まだ肌寒いころから秋風が立ち始めるまでの物語。海岸線を歩く二人を追うカメラ、何度となく繰り返されるそのショットにいつしか感動を覚える。映画とは、的確な節度とタイミングで撮れば、こんな単純なカットだけで感動を呼べるものなのだ。(吉) “OVNI” 275 号より」
●Matrix
 メタリックな光りを放つ映像もなかなかシャープだし、SF映画の最新の仕掛けや派手なアクションを総動員しているのだが、ここ一発のパンチ力がない。くだくだと “マトリックス” やら “神託” を説明するシナリオも冗長だ。相変わらず睫毛が長くダークな瞳が美しいキアヌ・リーブスは、やっぱり大根役者という気分になってしまった。一緒に行った娘は “X-Files” より面白いと、大満足でした。(真)