初夏だからリュクサンブール公園

雅な暮らしのポニー君たち。
ポニーの背中に子供たちを乗せて散歩させるのはサイッドさん。ポニー君たちは、毎日15区の厩舎から彼に引かれて、徒歩通勤。厩舎には40頭ほどの仲間が住んでいる。
彼らは週休3日制のうえ、一年に2カ月間のバカンスをドーヴィルで過ごすことになっている。「バカンスから帰ってくると、すっかり元気になって毛並みもよくなっちゃって。僕たちもこんなふうに仕事したいものだよ」と語るサイッドさんと同僚たちは、木の下のベンチでお喋りしながら、なかなか止まない雨をしのいでいた。庭園を出る前の最後の仕事は、ポニー君たちの糞拾い。

1 2 3

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る